版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
こんなときだから 希望は胸に高鳴ってくる -あなたとわたし・わたしとあなたの関係への覚えがき 最首 悟(著/文) - くんぷる
.

こんなときだから 希望は胸に高鳴ってくる -あなたとわたし・わたしとあなたの関係への覚えがき

発行:くんぷる
四六判
縦194mm 横125mm 厚さ28mm
重さ 475g
384ページ
定価 2,300円+税
ISBN
978-4-87551-231-8
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年12月18日
書店発売日
登録日
2019年12月3日
最終更新日
2020年2月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

著者の「なぜ」?と問うことから始まった「問学」の中心は、著者自身の重度障がい者である娘との生活をとおしての、「いのち」であった。やまゆり事件の犯人との手紙のやり取りから、「世の中に無用な人はいない」「心を失った人なおどいない」と訴える。今後ますます増える認知症老人を考える意味でも、新たな人間関係の模索(二者性)こそがいま必要とされているこことを訴える。

目次

なぜ? 問うことから始まった
やまゆり園事件を問う
植松青年に言いたいこと
介護の力が人を変える
新たな関係「二者性」の模索

著者プロフィール

最首 悟  (サイシュサトル)  (著/文

1936年生まれ、東大助手を経て、和光大学教授。現在名誉教授。第一次不知火海総合学術調査団に参加、第二次不知火海総合学術調査団団長として参加。
水俣にかかわり、重度しょうがいの娘さん「星子」との生活で、「いのち」論を展開し、さらに現在は二者性について、模索をしている。

上記内容は本書刊行時のものです。