版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
批評王 佐々木 敦(著/文) - 工作舎
..

批評王 終わりなき思考のレッスン

発行:工作舎
四六判
528ページ
定価 2,700円+税
ISBN
9784875025191
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年8月
書店発売日
登録日
2020年6月25日
最終更新日
2020年7月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

思想、文芸、音楽、映画、コミック、演劇、アート……
多彩な領域に、筆鋒鋭利に切り込んできた、批評家・佐々木敦。
2020年、小説『半睡』を発表し、文学ムック「ことばと」編集長就任と
目覚ましい活躍をする一方、批評家卒業を宣言。
批評活動最後の総まとめとして本書『批評王』を公刊する。
ジャンルを問わず「ただそれだけを読んでも面白い」78編を厳選、
批評スタイル別に編集した画期的なアンソロジー。

目次

序 批評王の遺言

第1章:批評の絶体絶命
 先生、それって何の役に立つんですか?
 リトルピープルよりレワニワを!(村上春樹『1Q84 BOOK1/BOOK2』)
 小松左京のニッポンの思想  他

第2章:批評の丁々発止
 偏見と偏愛の平成Jポップ10選
 発生としての歌(矢野顕子)
 映画の野蛮について(北野武監督『アウトレイジ・ビヨンド』大森立嗣監督『タロウのバカ』他) 他

第3章:批評の虚々実々
 「小説」の「映画」化とは何か?(吉本ばなな「白河夜船」/若木信吾監督『白河夜船』)
 SOS団はもう解散している(涼宮ハルヒ)
 ふたつの時間の交叉点(岡崎京子『リバーズ・エッジ』) 他

第4章:批評の右往左往
 「思考する声」の歌姫(やくしまるえつこ)
 激突と遭遇(スティーヴン・スピルバーグ監督『激突!』『未知との遭遇』)
 善行にかんするエスキス(アントニオ・タブッキ『供述によるとペレイラは……』 ) 他

第5章:批評の荒唐無稽
 「4分33秒」のための約一五時間からの約一万字(ジョン・ケージ)
 「詩人の新(しい)書」(吉増剛造『我が詩的自伝:素手で焔をつかみとれ!』)
 フィクションがヘコヒョンなら、リアルは何か? (カワイオカムラ「コロンボス」) 他

第6章:批評の反射神経(新聞書評より)
 朝井リョウ『桐島、部活やめるってよ』/角田光代『八日目の蟬』/ロベルト・ボラーニョ『売女の人殺し:ポラーニョ・コレクション』/石原慎太郎『やや暴力的に』/千葉雅也『動きすぎてはいけない:ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』他

著者プロフィール

佐々木 敦  (ササキ アツシ)  (著/文

文筆家。1964年、愛知県名古屋市生まれ。ミニシアター勤務を経て、映画・音楽関連媒体への寄稿を開始。1995年、「HEADZ」を立ち上げ、CDリリース、音楽家招聘、コンサート、イベントなどの企画制作、雑誌刊行を手掛ける一方、映画、音楽、文芸、演劇、アート他、諸ジャンルを貫通する批評活動を行う。2001年以降、慶應義塾大学、武蔵野美術大学、東京藝術大学などの非常勤講師を務め、早稲田大学文学学術院客員教授やゲンロン「批評再生塾」主任講師などを歴任。2020年、小説『半睡』を発表。同年、文学ムック『ことばと』編集長に就任。批評関連著作は、『この映画を視ているのは誰か?』(作品社、2019)、『私は小説である』(幻戯書房、2019)、『アートートロジー:「芸術」の同語反復』(フィルムアート社、2019)、『小さな演劇の大きさについて』(Pヴァイン ele-king books、2020)、『これは小説ではない』(新潮社、2020)他多数。

上記内容は本書刊行時のものです。