版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ライプニッツ著作集 第Ⅰ期[9]後期哲学 下村 寅太郎(監修) - 工作舎
..

ライプニッツ著作集 第Ⅰ期[9]後期哲学 9 新装版

発行:工作舎
A5判
464ページ
定価 9,500円+税
ISBN
9784875025122
Cコード
C1310
教養 全集・双書 哲学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年9月
書店発売日
登録日
2019年8月6日
最終更新日
2019年8月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

モナドとは? 宇宙を映す永遠の生きた鏡

宇宙全体を表出するモナドによる精妙な哲学体系を披露したライプニッツ。
マサム夫人の父、レイフ・カドワースに共感しつつその先を探求する
『生命の原理と形成的自然についての考察』や珠玉の小編『モナドロジー』、
ニュートンの代弁者クラークとの最晩年の論争まで、自然学と不可分の思想を編成。

目次

生命の原理と形成的自然についての考察
動物の魂
アリストとテオドールとの最初の対話に続く、フィラレートとアリストとの対話
デ・フォルダー宛書簡(抄)
デ・ボス宛書簡(抄)
モナドロジー(哲学の原理)
理性に基づく自然と恩寵の原理
ライプニッツとクラークとの往復書簡

著者プロフィール

G・W・ライプニッツ  (ライプニッツ)  (著/文

ライプニッツ(Gottfried Wilhelm Leibniz, 1646-1716)
生涯ドイツの宮廷顧問官として治世に携わりつつ微積分や記号論理学の創始、
計算機の発明、モナドの哲学…を展開。天才の時代の最も天才的な天才と呼ばれる。

旧版ISBN
9784875021544
上記内容は本書刊行時のものです。