版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ICTエリアマネジメントが都市を創る 川除 隆広(著/文) - 工作舎
..

ICTエリアマネジメントが都市を創る 街をバリューアップするビッグデータの利活用

発行:工作舎
A5判
168ページ
定価 1,900円+税
ISBN
9784875025023
Cコード
C0052
一般 単行本 建築
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年1月
書店発売日
登録日
2018年12月17日
最終更新日
2018年12月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

真にサスティナブルな都市へ。
ICTによる都市のマネジメントの黎明期にある現在、集積されるビッグデータを人々の暮らしに活かそうと、次世代のまちづくり「ICTエリアマネジメント」が動き始めている。
にぎわう街、被災時にも強く、安全・安心、経済バランスが良く、エネルギーシステムもスマートに……データを利活用した持続成長可能な都市・街の実現を目指す、官民協働による多角的な取組みを紹介。

目次

刊行に寄せて
 デジタル社会における都市情報のマネジメントとガバナンス  柴崎亮介

はじめに “眠れるビッグデータ”を活かすために

Part I. 都市の現状と計り知れない可能性
 変化する都市の構造と力
 都市情報からの第4次産業革命
 情報技術の進化と都市マネジメント
 都市機能の集積具合を把握する
 ICTによる街づくりの実現に必要なこと
 動き始めたエリアマネジメント
 ICTを活用した都市のバリューアップに向けて

Part II. 街に新たな価値を生むマネジメントを探る
〈平常時〉
〈災害時〉
〈安全・安心〉
〈経済〉
〈環境エネルギー〉
〈これからの新たな価値創造〉

Part III. ICTエリアマネジメントの今後の方向性
 未来都市を示唆する情報技術論
 都市はどのように変容するのか
 今から何をしておくべきなのか
 ICTエリアマネジメントに向けた基本構想
 KPIをどのように設定するのか
 KPIの設定例
 マネタイズスキームの構築
 データを知識とするために必要なデータレイヤー
 合意形成に資するダッシュボードのイメージ
 持続成長可能な都市に向けて

著者プロフィール

川除 隆広  (カワヨケ タカヒロ)  (著/文

株式会社日建設計総合研究所 理事 上席研究員、ビッグデータ・建築都市経済グループマネージャー。1968年京都市生まれ。1995年東京理科大学大学院修士課程修了。2001年京都大学大学院博士課程修了。1995年株式会社日建設計入社を経て現職。博士(工学)、技術士(総合技術監理部門)。専門は、都市計画、都市情報分析、事業評価、官民連携事業など。総務省ICT街づくり推進会議スマートシティ検討WG構成員、総務省データ利活用型スマートシティ推進事業外部評価委員、CASBEE都市検討小委員会委員、CASBEE街区検討小委員会幹事などを務める。
寄稿に「ICTと都市マネジメント」建築学会誌(2017–11)、[「スマートエネルギー都市の実現:国際競争力確保に向けて」への提言]鋼構造技術情報誌JSSC(2016–夏季)ほか。共著にNSRI選書002『スマートシティはどうつくる?』(工作舎、2014年)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。