版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ちっちゃな捕虜 リーセ・クリステンセン(著/文) - 高文研
..
【利用不可】

ちっちゃな捕虜 (チッチャナホリョ)

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:高文研
46
縦188mm 横130mm 厚さ16mm
重さ 340g
320ページ
定価 2,700円+税
ISBN
978-4-87498-832-9   COPY
ISBN 13
9784874988329   COPY
ISBN 10h
4-87498-832-6   COPY
ISBN 10
4874988326   COPY
出版者記号
87498   COPY
Cコード
C0022  
0:一般 0:単行本 22:外国歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年10月13日
書店発売日
登録日
2023年7月26日
最終更新日
2023年12月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

著者のリーセ・クリステンセンは、幼くしてジャワ島日本軍抑留所での抑留生活を強いられました。本書はその回想録です。敵と「戦っているわけではなく」、欧米人婦女子を相手に「抑留所を管理しているにすぎない。来る日も来る日も同じことをくり返しているだけ」の抑留所監視による非人道的行為の数々が語られています。リーセは抑留された2年半の間、病に苦しむ母親に代わって家族を支え、抑留所での厳しい生活を果敢に生き抜きました。物乞いをし、ごみ捨て場を漁り、騙し、盗んででも食べ物を手に入れ、家族4人の命を1945年の戦争終結まで懸命に繋ぎました。

目次

第1章 アジアの戦争
第2章 庭のジャップ
第3章 デ・ヴェイク抑留所
第4章 デ・ヴェイクでの殺人
第5章 適者生存
第6章 デ・ヴェイクを後にする
第7章 スラバヤからスマランへ
第8章 バンコン教会抑留所への遠い道
第9章 ヨハネス・ブラームスの子守歌
第10章 天使の死
第11章 蠅と砂糖
第12章 泥棒
第13章 ドブネズミ
第14章 マーガレットさん親子
第15章 死んだ方がましだ
第16章 仏さま、どうかお恵みを
第17章 ランペルサリ抑留所 青いドアでの暮らし
第18章 消えてゆく人たち
第19章 自由はピンクと白のワンピース
第20章 ペニシリンとかさぶた
第21章 菜園
第22章 コンクリート台と死の部屋
第23章 イーストケーキ
第24章 木綿のワンピースを着た男の子
第25章 一九四四年のクリスマス
第26章 農作業班と女の子
第27章 おじいさんと男の子
第28章 オーマを見つけて、見失って
第29章 飛び交う噂
第30章 ランペルサリ抑留所からの脱出
第31章 スラバヤ、エマ・パーク
第32章 帰国の途につく
第33章 ノルウェー人の友人
第34章 とても特別なクリスマスプレゼント
その後

著者プロフィール

リーセ・クリステンセン  (リーセクリステンセン)  (著/文

ノルウェー人。1934年、インドネシアのジャワ島生まれ。戦時中に過ごした日本軍抑留所での体験を子どもたちや家族に伝えようと、手記『1943年から1945年までジャワ島の捕虜収容所にいた子ども』を書きました。本書『ちっちゃな捕虜』は、この手記が元になっています。

泉 康夫  (イズミヤスオ)  (翻訳

英語教育研究会会員。アジア各地のスラムを訪れている。著書に『タフな教室のタフな練習活動―英語授業が施行のふり巾を広げるにはー』『世界の現場を見てやろうー映像と長文で広げる英語授業のふり巾―』(三元社)

上記内容は本書刊行時のものです。