版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
パステルナーク事件と戦後日本 陶山 幾朗(著) - 恵雅堂出版
.

パステルナーク事件と戦後日本 ドクトルジバゴの受難と栄光

発行:恵雅堂出版
四六判
縦188mm 横127mm 厚さ21mm
重さ 440g
432ページ
並製
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-87430-058-9
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年11月20日
書店発売日
登録日
2019年9月19日
最終更新日
2019年10月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

かつて日本の文壇を揺るがした「パステルナーク事件」という騒動があった。それは、1958年度ノーベル文学賞がソ連の作家パステルナークに授与されたとの一報から始まった。
それから60年。日本の文学者・知識人たちが無自覚のうちに巻き込まれた、この忘れられた”協奏曲”の真実に、初めて本書が迫る。

目次

序 章 発端 ──1958年10月23日 9

第1章 祝福から迫害へ──1958年10月23日~11月6日 25
「文学的原子爆弾」? 唸る迫害マシン 「敗北の中の勝利」か? 

第2章 「事件」前史 ──1956~58年 57
〝雪解け〟という追い風 運命の日──1957年5月 原稿、国外へ 不毛なる暗闘──ソ連vsイタリア

第3章 日本語版『ドクトル・ジバゴ』狂騒曲 79
翻訳まで──日本語版の不幸な出発 「2万部」から「23万部」へ 日本ペンクラブの奇妙な「申合せ」

第4章 糾弾者エドワード・サイデンステッカー 103
〝米・英・独連合〟の成立 「文化帝国主義者」サイデンステッカー 雨と雲と花と

第5章 「文士」と政治 ── 高見順(1) 127
高見順の怒り 「曖昧」の向こう側 文士、政治に近寄らず

第6章 「怖れ」と「美化」と──高見順(2) 149
文士もすなる政治 ソ連招待旅行──「人間に会いにゆく」 「怖れ」と「美化」と

第7章 「モスクワ芸術座」という事件 169
来た 観た 感動した! 浅利慶太の批判 「国禁芸術」と「国策芸術」

第8章 《害虫》のポリティクス 197
「おちつかない老年」再考 パステルナークという「雑草」 「屑」の英雄化における労働の役割

第9章 〝ワルプルギスの夜〟の闇 225
1948年8月、ソビエト農業科学アカデミー総会 〝旋風〟日本に上陸す 八杉龍一vs木原均

第10章 『真昼の暗黒』の来日 ──アーサー・ケストラー(1) 251
「ノー・モア・ポリティクス」を宣言 〝私は出席できません〟──ケストラー 〝最大の侮辱だ〟──高見順

第11章 「目に見えぬ文字」への道程 ──アーサー・ケストラー(2) 279
岐路における言葉 永遠の「党」──『真昼の暗黒』 汝、誠実さのかけらを有するならば──『目に見えぬ文字』

第12章 〝勝利〟の儀式?──第3回ソビエト作家大会(1) 301
〝詩人殺し〟のあとで 「新しい人間」とは誰か 『ドクトル・ジバゴ』はなぜ有罪か

第13章 クレムリン宮殿の中野重治 ──第3回ソビエト作家大会(2) 325
「くつろいでいられる国」 清潔な人、清潔な国 フルシチョフに屈する中野重治

終 章 「事件」の終わり ──かくて人びとは去り…… 355
〝辞退表明〟以後  ボリス・パステルナーク  ニキータ・フルシチョフ  高見順  平林たい子
ジャンジャコモ・フェルトリネッリ アーサー・ケストラー エドワード・G・サイデンステッカー

補 遺 399
わが国メディアに現われた「パステルナーク事件」関連論評(1958~1967) 400
「パステルナーク事件」関連年表 405
跋 天上のことばを、地上にあって 工藤正廣 414
あとがき 425

*本書において引用したパステルナークの詩は工藤正廣氏の翻訳によった。

前書きなど

革命ロシアの神話や、「新しい人間」の誕生や、歴史的必然の理念が、なお、力をもっていた1950年代。ボリス・パステルナークは、ロシア文学のすぐれた伝統を受け継いだ小説『ドクトル・ジバゴ』を書いた。そして、それがソ連作家による初めてのノーベル賞を受賞するという栄光によって、逆に共産党政府による迫害と孤立に追い込まれる。この書の著者、陶山幾朗は、その後もロシアとともに生きたパステルナークに寄り添い、これらの経緯を、溢れる怒りを抑えた、冷静で情熱的な文体によって追跡している。
そればかりではない。戦後日本の文壇文学が、このパステルナーク事件に対してとった、あいまいな態度を、個々の作家たちの思想にまで踏み込み検証している。陶山はこれを書いた後、突然、病死したが、わたしたちは、この最期の書に接し、パステルナーク事件を忘却に任せてきた、現在の思想・文学の病巣の深さに愕然とするだろう。 北川 透(詩人・文芸評論家)

版元から一言

刊行までの経緯
陶山さんは、弊社で編集をお願いした『見るべきほどのことは見つ』(内村剛介著/2002年)の頃から、影法師のように少しずつ私の意識の中に入ってきました。その影は、内村氏の健康の衰えに比例して大きくなり、ついには本人をして「内村剛介のことは自分よりこの人に訊け」と言わしめるほどの存在となり、それが内村剛介著作集全七巻となって結実しました。編集者・陶山幾朗の渾身の仕事でした。
さて、『パステルナーク事件と戦後日本』です。本書は、誰もが事件を忘れてしまった60年後の今、突然炸裂した時限爆弾のような論考です。この一冊により、氏の名は稀有の思索家として記憶に残るでしょう。著者の本書への思いは隅々まで行き届いていて、判型から書体、文字組みまで、すべて著者の指示によります。ただ一点、表紙の問題だけが残っていました。そのことで、私は「一人暮らしで身軽」という氏の言葉に甘え、昨年11月6日に上京いただくようお願いしました。ところが氏は約束の場所についに現われませんでした。翌日思い切ってご自宅に連絡をしたところ、やはり胸騒ぎがして実家を訪ねたご子息から、2日に氏が逝去されていたことを知りました。思索家・陶山幾朗の更なる活躍を確信していた私は残念でなりませんが、案外、ご本人はにこにこと我々を見下ろしているような気もします。そういう方でした。
最後に、本書刊行に多大なるご協力をいただいたお2人のご子息・陶山礼様と荒木秀人様、帯文を書いて下さった北川透先生、様々なご配慮をいただいた成田昭男様に、深甚の感謝を申し上げます。
2019年11月2日 恵雅堂出版 麻田 恭一

著者プロフィール

陶山 幾朗  (スヤマ イクロウ)  (

1940年生まれ。1965年早稲田大学第一文学部卒。著書に『シベリアの思想家ー内村剛介とソルジェニーツィン』(風琳堂)、『内村剛介ロングインタビュー』(恵雅堂出版)、『現代思潮社という閃光』(現代思潮社)、編集『内村剛介著作集』全七巻(恵雅堂出版)。
雑誌『VAV』同人。
2018年11月2日 急逝(78歳)

上記内容は本書刊行時のものです。