版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
『造洋飯書』の研究 内田 慶市(編著) - 関西大学出版部
.
詳細画像 0

書店員向け情報

関西大学東西学術研究所資料集刊 49

『造洋飯書』の研究 解題と影印

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
B5判
396ページ
上製
価格 7,000円+税
ISBN
978-4-87354-733-6   COPY
ISBN 13
9784873547336   COPY
ISBN 10h
4-87354-733-4   COPY
ISBN 10
4873547334   COPY
出版者記号
87354   COPY
Cコード
C3039
専門 単行本 民族・風習
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年3月26日
書店発売日
登録日
2021年3月11日
最終更新日
2021年3月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

16世紀以降、イエズス会宣教師をその主な担い手とする「西学東漸」という一大潮流が巻き起こり、様々なものが西から東にもたらされた。遠近法を使って描かれたキリストやマリアの像や聖書を始め、イソップ物語、世界地図、時計、ピアノ、天文学、数学等々、新しい西洋の近代科学文明が東アジアに伝わったのである。その中には、当然、「食」も含まれていたはずである。ただ、この「食」文化、特に「西洋料理」の伝播に関しての議論はこれまで余りなされてこなかったように思われる。本書は中国で最初に出版された西洋料理レシピ本である『造洋飯書』(1866)とその後継である『西法食譜』(1889)を影印し、解題として「近代中国における西洋料理の伝播と受容-『造洋飯書』を中心に」を付したものである。本書の出版により、こうした分野での研究がますます深まることが期待される。

上記内容は本書刊行時のものです。