版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アラン・ロブ=グリエの小説Ⅱ 奥 純(著) - 関西大学出版部
.

アラン・ロブ=グリエの小説Ⅱ

A5判
332ページ
上製
価格 4,000円+税
ISBN
978-4-87354-726-8
Cコード
C3098
専門 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年11月7日
書店発売日
登録日
2020年10月6日
最終更新日
2020年10月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書は、アラン・ロブ=グリエのデビュー作から晩年の作品に至るまでの作品構成の変遷とその意味を考察し、ロブ=グリエの作家としての全貌を明らかにすることを試みた世界で初めての研究書である。
アラン・ロブ=グリエは、第二次世界大戦直後、廃墟となったフランスに新風を巻き起こした文芸改革運動ヌーボー・ロマンのオーガナイザーであった。ロブ=グリエは、文学だけでなく、アラン・レネ監督の映画『去年マリエンバートで』の原作者としても有名で、自ら監督した多くの映画作品も残している。しかし、映画を観ればわかるように、小説についても、ロブ=グリエの作品は、始まりも結末もなく難解で、全体が幻想的な雰囲気に満ちている。それは、ロブ=グリエがリアリズムの作品を嫌ったからであり、虚構であるにも関わらず本当らしく語ることを拒んだ結果である。しかし、どんな映画でも小説でも、内容に関わらず本当らしく見せるのが普通であることを考えれば、これほど困難な試みはない。リアリズムを拒否してロブ=グリエはどのようにして作品を制作しようとしたのか、筆者は2000年に発表した『アラン・ロブ=グリエの小説』で、この試みについての技術的な裏付けを行ったが、本書は、その続編にあたる。
本書は、では、なぜロブ=グリエはリアリズムを嫌ったのだろうか、という問いかけから始まる。そこには、ロブ=グリエが青年時代を過ごした戦中、戦後の混乱が影を落としているのだろうか。また、幼少期を過ごしたブルターニュ地方の、フランスの文化とは異質なケルトの文化の中で育った経験が影響を与えているのだろうか。ロブ=グリエの世界観の形成に影響を与えた作品とはどのようなものだったのだろうか。そして、ロブ=グリエが抱いた世界観とは、そもそもどのようなものだったのだろうか。それを、ロブ=グリエはどのように表現したのだろうか。
現代は高度情報化社会だと言われているが、むしろ、情報混迷社会と言った方が良いかもしれない。真偽も定かでない情報が溢れ返って、もはや何を信じれば良いのかわからなくなっている。何か事件が起こると、メディアを通じてありとあらゆる推測がなされ、はじめは仮定の話だったものが、もう翌日には、コメンテーターがその仮定を前提にした話をしたり顔で語り、何が真実か、何が作り話か、わからなくなってしまう。ロブ=グリエの物語も、まさにこのように展開するのであり、まるでロブ=グリエが何十年も前から今の社会を予測していたかのようなのである。
デビュー作『消しゴム』の主人公ワラスは、そのような世界を歩き回って最後には疲れ果ててしまった。では、晩年のロマネスク3部作の主人公ロブ=グリエはどんな世界に辿り着くのだろうか。今を生きるすべての人に、是非ロブ=グリエの物語を読んでほしい。

目次

目次

はじめに
第Ⅰ章 他者性を巡って
(一)『嫉妬』を植民地小説として理解する可能性とその限界
 光の帝国
 二元論を超えて
 他者性の問題
 平等の中で差異を生きること
(二)言葉と物
 異国情緒
 言葉と物
(三)『嫉妬』におけるエグゾチスム
 『嫉妬』の物語世界
 物語世界における外部世界の存在
 現代のエグゾット、ロブ= グリエ
(四)物語の誘惑
 ロブ= グリエの『囚われの美女』
 ビュトールの『ポール・デルボーの夢』
 『囚われの美女』の意味
 光と闇

第Ⅱ章 後期作品の研究に向けて
(一)『ある作家の人生への序文』について
 作品の源泉を巡って
 ここまで研究を進める中で生じた疑問について
 後期作品の研究に向けて
(二)『ジン』の語りの構成とその意味
 『ジン』の瓦葺き状の語りの構成
 『弑逆者』における対立型の語りの構成
 『迷路の中で』の融合型の構成
 『ニューヨーク革命計画』の民主的構成
 『ジン』における語りの構成の意味
(三)瓦葺き状の語りの構成とその意味について
 多元焦点化の問題
 『自由への道』と登場人物の自由
 『段階』と世界の再現
 語りの構成の変遷とその意味
(四)『ニューヨーク革命計画』とニューヨーク
 地名として現れるニューヨーク
 風景として描かれたニューヨーク
 イメージとしてのニューヨーク
第Ⅲ章 ロマネスク三部作の構成とその意味
(一)『戻ってくる鏡』と自伝空間
 自伝契約
 自伝空間
(二)『アンジェリックまたは蠱惑』と虚構空間
 伝記的物語
 十一月二十日を巡る物語
 虚構空間
(三)『コラント最後の日々』と物語空間
 『コラント最後の日々』の物語
 ドッペルゲンガーと語りの構成
 シゾフレニックな語りの構成とその意味
 ロマネスク三部作の構成と意味

あとがき
文献目録

上記内容は本書刊行時のものです。