版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
『華英通語』四種―解題と影印 内田 慶市(著/文 | 編集) - 関西大学出版部
.
詳細画像 0
関西大学東西学術研究所資料集刊 47

『華英通語』四種―解題と影印

B5判
670ページ
上製
価格 10,000円+税
ISBN
978-4-87354-719-0
Cコード
C3087
専門 単行本 各国語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年3月25日
書店発売日
登録日
2020年3月25日
最終更新日
2020年9月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『華英通語』の道光版を始めロバート・トームの「華英通用雑話」など貴重な四種を影印し、詳しい解題を付したもの。日中欧言語接触研究の貴重な資料である。

目次


はじめに

解題篇
清国英語事始(内田慶市)
新出資料『華英通語』道光本と中国初期英語学習書の系譜(田野村忠温)
注音の「切」、「合」、小字(田野村忠温)

影印篇
影印詳細目次
『華英通用雑話』(オーストラリア国立図書館蔵)
『華英通語』道光本(大阪大学附属図書館蔵)
『華英通語』咸豊五年本(東北大学附属図書館蔵)
『華英通語』咸豊十年本(ハーバード大学燕京図書館蔵)

著者プロフィール

内田 慶市  (ウチダ ケイイチ)  (著/文 | 編集

内田 慶市(うちだ けいいち)
1951 年福井県生まれ。関西大学外国語学部、大学院東アジア文化研究科教授。
博士(文学)・博士(文化交渉学)。専攻は中国語学、文化交渉学。
主著に『近代における東西言語文化接触の研究』(関西大学出版部、2001)、『文化交渉学と言語接触─中国言語学における周縁からのアプローチ』(関西大学出版部、2010)、『漢訳イソップ集』(ユニウス、2014)、『語言自邇集の研究』(好文出版、2015)、『関西大学長澤文庫蔵琉球官話課本集』(関西大学出版部、2015)、『官話指南の書誌的研究』(好文出版、2016)、『北京官話全編の研究』(全三冊、関西大学出版部、2017-2018)、『古新聖經殘稿外二種 北堂本與滿漢合璧本』(関西大学出版部、2018)、『拝客訓示の研究』(関西大学出版部、2019)などがある。

田野村 忠温  (タノムラ タダハル)  (著/文 | 編集

田野村 忠温(たのむら ただはる)
1958 年岡山県生まれ。大阪大学大学院文学研究科教授。関西大学東西学術研究所委嘱研究員。京都大学大学院文学研究科博士後期課程(言語学専攻)学修退学。専攻は言語学、日本語学。
著書に『現代日本語の文法Ⅰ─「のだ」の意味と用法─』(和泉書院、1990)、『講座ITと日本語研究4 Rubyによるテキストデータ処理』(明治書院、2012)、編著書に『講座日本語コーパス6 コーパスと日本語学』(朝倉書店、2014)などがある。
最近の論文には「言語研究資料としての近代中国地理文献彙集の信頼性」(『或問』第36号、2019)、「ドイツ国名『独逸』成立の過程とその背景」(『東アジア文化交渉研究』第13 号、2020)、「日本語の呼称の歴史」(『大阪大学大学院文学研究科紀要』第60巻、2020)、「『日本語学』とその関連語」(『国語語彙史の研究 三十九』、2020)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。