版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アクティブラーニングのための学習評価法 安藤 輝次(訳) - 関西大学出版部
.

アクティブラーニングのための学習評価法 形成的アセスメントの実践的方法

A5判
並製
定価 4,000円+税
ISBN
978-4-87354-629-2
Cコード
C3037
専門 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年3月1日
書店発売日
登録日
2017年4月26日
最終更新日
2019年9月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

3刷 出来予定日: 2019-09-01

紹介

アクティブラーニング+学習評価=深く思考・判断する学習。教師だけでなく子どももアクティブラーニングの評価に関わることによって、思考・判断が深まる。そのポイントは、このような学びになればよいという“成功規準”を子どもと一緒に創ることである。そうすれば、小集団やペアなど子ども同士の学びと評価もうまくいく。

目次

はじめに
第1部 形成的アセスメントの背景
 第1章 形成的アセスメントの定義とその必要性
第2部 授業の文化と構造
 第2章 学習文化における形成的アセスメントの精神
 第3章 計画段階で子どもを巻き込む
 第4章 話し合いパートナー
第3部 授業展開の方法
 第5章 発問と活動
 第6章 学習目標と成功規準
 第7章 優秀性の開発:書き方の成功規準を越えて
 第8章 授業中の問いかけ
 第9章 フィードバック
 第10章 学習のまとめ方
解 説 教育実践から生み出したクラークの実践的方法

上記内容は本書刊行時のものです。