版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
“Many in Body, One in Mind” 川端 亮(著) - 大阪大学出版会
.

書店員向け情報 HELP

“Many in Body, One in Mind” (メニーインボディワンインマインド) The Journey of Soka Gakkai in America (ザジャーニーオブソウカガッカイインアメリカ)

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
菊判
重さ 450g
146ページ
上製
定価 6,200円+税
ISBN
978-4-87259-767-7   COPY
ISBN 13
9784872597677   COPY
ISBN 10h
4-87259-767-2   COPY
ISBN 10
4872597672   COPY
出版者記号
87259   COPY
Cコード
C3036  
3:専門 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年1月25日
書店発売日
登録日
2022年12月23日
最終更新日
2023年1月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書は、創価学会のアメリカ布教について宗教社会学の見地から分析を行った研究である。日本の創価学会が文化も宗教も大きく異なるアメリカ合衆国で、なぜアメリカ人に受け入れられ、アメリカ社会に根付くようになったのだろうか。日本と異なる文化にあって、日本型の組織はどのように変容したのか。教えや思想はどのように翻訳され、現地化したのか。アメリカの人々は、なぜ・どのように・何を願って、信仰を続けているのか。15回のアメリカ訪問によって、現地での行事に参加するとともに、70人以上のアメリカSGI(Soka Gakkai International)メンバーにインタビューを行った調査からこれらの問いにライフヒストリー、回心論、組織論、異文化翻訳といった宗教社会学の観点から明らかにした。『アメリカ創価学会における異体同心』(2018年、新曜社)の英訳版。

The Soka Gakkai is the most well-known and the largest of new religious movements (NRMs) in Japan. This book analyzes the Soka Gakkai’s evangelizing in the United States from a sociological perspective of religion. How did the Japanese Soka Gakkai come to be accepted by Americans and take root in American society in the United States, a country with a very different culture and religion? How did a Japanese-style organization transform itself into a culture so different from Japan’s? How were the teachings and concepts translated and localized? Why, how, and for what purpose do the members of the U.S. continue their faith? The authors’ 15 visits to the U.S., in which they participated in local events of the organization and interviewed more than 70 Soka Gakkai International members in the U.S., revealed these questions from the perspective of the sociology of religion, using life history method, conversion theory, organizational theory, and the concept of cross-cultural translation. This book is the English translation of the Japanese book ‘Itai-Doshin’ in Soka Gakkai-USA (2018, Shinyosha Ltd.).

目次

Contents


Preface

INTRODUCTORY CHAPTER The History of SGI-USA
1. War brides and second-generation Japanese Americans
2. Transformation from hippie to happy
3. Conventions
4. Phase Two
5. Cultural differences
6. A seventeen-day stay in Los Angeles
7. Toward further development in the 21st century

CHAPTER 1 Nichiren Buddhism in the USA
1. “Many in body, one in mind” in multi-ethnic society
2. The enlightenment of women in the 21st century

CHAPTER 2 Joining and converting to SGI-USA
1. Availability and openness to join SGI
2. People’s situation when joining SGI
3. Spiritual inquiry and a life crisis
4. The appeals of SGI’s Buddhist practice and the membership retention
5. Shift from benefit-oriented seekers to altruistic believers as taught in Mahayana Buddhism

CHAPTER 3 Americanization of the organizational structure
1. Organizational development in the 1960s and beyond
2. Phase Two and structural changes
3. From a vertical structure to a horizontal structure: Geographical reorganization (Geo-Reo)

CHAPTER 4 Two stages of Americanization: Revisiting the importance of English translation
1. Anglicization and Phase Two
2. Four categories of translation
3. A shift from ‘Japanese’ English to more natural English expressions
4. Two stages of anglicization

CHAPTER 5 The oneness of mentor and disciple in America
1. Inheritance of teachings
2. English translation
3. The oneness of mentor and disciple: What it means for SGI-USA members
4. Servant Leadership

Afterword
Chronology
References
Index

著者プロフィール

川端 亮  (カワバタ アキラ)  (

1989年大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。博士(人間科学(2003年)。現在、大阪大学大学院人間科学研究科教授。専門分野は、宗教社会学、社会調査法。

主要著書
『霊能のリアリティへ』(2004年、新曜社、秋庭裕との共著)
『アメリカ創価学会における異体同心』(2018年、新曜社、稲場圭信との共著)

Dr. Akira KAWABATA is Professor of Graduate School of Human Sciences, Osaka University in Japan. He studied religion and social research method at Osaka University and obtained his Ph.D. in Graduate School of Human Sciences, Osaka University in 2003. He is the author of several English papers and Japanese books on religions and social research methods.

稲場 圭信  (イナバ ケイシン)  (

2000年ロンドン大学大学院博士課程修了。Ph.D.(宗教社会学)(2000年)。現在、大阪大学大学院人間科学研究科教授。専門分野は、宗教社会学、共生学。

主要著書
『利他主義と宗教』(2011年、弘文堂)
『アメリカ創価学会における異体同心』(2018年、新曜社、川端亮との共著)

Dr. Keishin INABA is Professor of Graduate School of Human Sciences, Osaka University in Japan. He studied religion at the University of Tokyo and obtained his Ph.D. in sociology of religion at King’s College, University of London in 2000. He is the author of several English and Japanese books on religions and altruism.

上記内容は本書刊行時のものです。