版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
オンデマンド版 技能実習生と日本語教育 真嶋 潤子(編著) - 大阪大学出版会
.

書店員向け情報 HELP

オンデマンド版 技能実習生と日本語教育 (オンデマンドバンギノウジッシュウセイトニホンゴキョウイク)
原書: 技能実習生と日本語教育

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
縦210mm 横145mm 厚さ20mm
重さ 600g
434ページ
並製
価格 5,700円+税
ISBN
978-4-87259-709-7   COPY
ISBN 13
9784872597097   COPY
ISBN 10h
4-87259-709-5   COPY
ISBN 10
4872597095   COPY
出版者記号
87259   COPY
Cコード
C3037  
3:専門 0:単行本 37:教育
出版社在庫情報
在庫僅少
初版年月日
2023年2月1日
書店発売日
登録日
2023年1月20日
最終更新日
2023年1月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

なぜ彼らは日本語ができないのか?――失踪、病気、自殺といった技能実習生をめぐる問題において、「言葉」の問題は決定的である。今や留学生の数を超える技能実習生たちには、どのような日本語教育が必要なのか。受け入れる我々は、彼らにどのように向き合っていくべきなのか。国内外の異なる立場の関係者の思惑に迫りながら、かみ合わない制度の実態と課題を浮き彫りにする。

まず、これまでの外国人労働者受け入れの経緯とともに技能実習制度・技能実習生の現状を整理し、彼らが各送り出し国でどのような制度・教育のもとに日本にやってくるのかを明らかにする。そして、受け入れ機関で行われている日本語教育や職場でのコミュニケーションの実情から、今後のあるべき交流を展望する。さらに先行事例として台湾、韓国の外国人労働者受け入れ制度の概容と課題を確認し、少子高齢化への対応を考える。
特別補論として、技能実習生の日本語能力の口頭アセスメント結果を掲載し、日本語能力にかかわる具体的な問題と需要を検討する。

前著『母語をなくさない日本語教育は可能か』で扱った日本に住む外国ルーツの子どもたちに続いて、日本で働く外国人労働者の課題を考え、外国人と共生できる社会を目指す。

『技能実習生と日本語教育』2021年10月1日初版のオンデマンド版

目次

はじめに

第1部 技能実習生と日本の制度

第1章  技能実習生への日本語教育
第2章  外国人労働者受け入れの経緯と概要

第2部 送り出し国における日本語教育

第3章 中国の労務輸出政策と送り出し機関の日本語教育
第4章 ベトナム人と外国人技能実習制度
第5章 ミャンマーにおける技能実習生の現状

第3部 受け入れ機関における日本語教育


第6章 ベトナム人技能実習生の受け入れ
第7章 受け入れ企業の実態と支援体制の整備
第8章 監理団体での入国後講習の役割

第4部 受け入れに伴う諸問題

第9章 EPA介護福祉士候補者と介護におけるコミュニケーション
第10章 地域日本語教室と技能実習生

第5部 受け入れ国の事例

第11章 台湾の外国人介護労働者と交り合う言葉
第12章 韓国における外国人施策と韓国語教育

特別補論 第13章  技能実習生の日本語口頭能力アセスメント試論

参考文献
おわりに
初出一覧
索引
著者一覧

著者プロフィール

真嶋 潤子  (マジマ ジュンコ)  (編著

大阪大学 名誉教授、招へい研究員
ジョージア大学(アメリカ)教育学大学院博士課程修了 教育学博士

牟田 和男  (ムタ カズオ)  (

テュービンゲン大学(ドイツ)哲学・歴史学部修士課程修了

宋弘揚  (ソウコウヨウ)  (

東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士後期課程(人文地理学)
金沢大学大学院人間社会環境研究科人文学専攻博士前期課程修了

道上 史絵  (ミチガミ フミエ)  (

大阪大学大学院言語文化研究科日本語・日本文化専攻博士後期課程
津山工業高等専門学校総合理工学科 特命助教
大阪大学大学院言語文化研究科言語社会専攻博士前期課程修了

トゥ トゥ ヌェ エー  (トゥ トゥ ヌェ エー)  (

岡山大学日本留学情報センター ミャンマー(OJEIC)アソシエイトコーディネーター
大阪大学大学院言語文化研究科日本語・日本文化専攻博士後期課程修了 博士(日本
語・日本文化)

近藤 美佳  (コンドウ ミカ)  (

大阪大学大学院言語文化研究科言語社会専攻 助教
京都大学大学院人間・環境学研究科共生人間学専攻博士後期課程修了 博士(人間・
環境学)

中谷 真也  (ナカタニ シンヤ)  (

大阪大学言語文化研究科日本語・日本文化専攻博士後期課程
大阪大学大学院言語文化研究科日本語・日本文化専攻博士前期課程修了

荒島 和子  (アラシマ カズコ)  (

大阪大学外国語学部 非常勤講師
大阪外国語大学大学院言語社会研究科国際言語社会専攻日本コース博士前期課程修

吉川 夏渚子  (ヨシカワ カナコ)  (

大阪大学外国語学部 非常勤講師
大阪大学大学院言語文化研究科日本語・日本文化専攻博士前期課程修了

藤原 京佳  (フジワラ キョウカ)  (

京都産業大学 外国語契約講師
大阪大学大学院文学研究科文化表現論専攻博士後期課程単位取得退学 博士(文学)

樋口 尊子  (ヒグチ タカコ)  (

大阪大学日本語日本文化教育センター 非常勤講師
立命館大学大学院言語教育情報研究科言語教育情報専攻修士課程修了

平井 一樹  (ヒライ カズキ)  (

甲南大学国際交流センター 日本語特任講師
大阪外国語大学大学院言語社会研究科国際言語社会専攻日本コース博士前期課程修

岩城 あすか  (イワキ アスカ)  (

公益財団法人箕面市国際交流協会 箕面市立多文化交流センター 事務局次長
イスタンブール大学(トルコ)社会科学研究所修士課程修了

上記内容は本書刊行時のものです。