版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
版画芸術185号  - 阿部出版
..

版画芸術185号 185号;2019年秋号 「新版画」のすべて

発行:阿部出版
A4変型判
縦283mm 横210mm 厚さ10mm
重さ 650g
188ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784872425611
Cコード
C3071
専門 単行本 絵画・彫刻
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年9月1日
書店発売日
登録日
2019年9月6日
最終更新日
2019年9月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

巻頭特集「新版画」のすべて
「新版画」とは、江戸時代の浮世絵版画と同じように絵を描く絵師・版を彫る彫師・その版を摺る摺師の三者の共同作業によって制作された版画のことをいいます。
明治末期、日本には文明開化によって銅版画や石版画などの新しい印刷技術が輸入され、それまでの浮世絵版画はすっかり衰退してしまい、消滅の危機にありました。
それを惜しんだ浮世絵商・渡邊庄三郎は、自らが版元となり「浮世絵を継承し、現代の画家による現代の浮世絵」として新版画の制作に取り組み始めます。
渡邊は、洋画家や日本画家、さらには日本を訪れた外国人画家にまで声をかけ、今までにないない新しい時代の版画を生み出すことに尽力しました。
そのおかげで、新版画にはスティーブ・ジョブズも作品を求めたという橋口五葉の美人画にはじまり、吉田博、川瀬巴水や伊東深水、小原祥邨(古邨)、山村耕花や名取春仙など多くの画家たちによる名品が残されています。
何十版と版を摺り重ね、透明感を保ちつつも重厚な色彩で描かれるノスタルジックな日本の原風景。世相を反映した美人の姿。人相の特徴をリアリティある筆致で描いた役者絵。細部まで精緻に描かれた花鳥画。
本特集はこれら新版画の傑作を紹介しつつ、これまであまり知られていなかった新版画家や、外国人画家の作品も掲載しています。
タイトル通り、新版画の「すべて」を余すところなく紹介した決定版です。

目次

特集 「新版画」のすべて
第1章 「新版画」傑作選
●伝統が新たな芸術になるまで 文・岩切信一郎(美術史家)
第2章 知られざる新版画家
笠松紫浪 “最後の新版画家”笠松紫浪
土屋光逸 “最後の浮世絵師”土屋光逸
大野麥風 “魚の画家”大野麥風 文・平瀬礼太(愛知県美術館学芸員)
第3章 外国人画家による新版画
エミール・オルリク/ヘレン・ハイド/バーサ・ラム/フリッツ・カペラリ/チャールズ・バートレット/エリザベス・キース/ポール・ジャクレー/リリアン・メイ・ミラー/ピーター・アーヴィン・ブラウン/ノエル・ヌエット
●「新版画」に魅せられた外国人画家たち 文・猿渡紀代子(大佛次郎記念館特任研究員)
●インタビュー 「新版画」ができるまで(渡邊章一郎・渡邊木版美術画舗代表)
掲載画家略歴
関連版元紹介/関連年譜
関連展覧会案内

版画家ヒストリー 小林ドンゲ(銅版画、エングレーヴィング)
「版画アートコレクション」の作家 神田和也(シルクスクリーン、インクジェットプリント)
写真芸術の世界 ロバート・フランク
期待の新人作家 高橋亜弓(油性木版凹凸版)
近代日本のアール・デコ 第1回 大衆化されるデザイン 文・山田俊幸

展覧会スポットライト 『李禹煥全版画』出版記念展/中林忠良銅版画展/江戸の遊び絵づくし展/見る知る学ぶ作る 版画ワンダーワールド展

版画技法実践講座 版画で作るオリジナル・グッズ 第1回 水性木版で作るポチ袋(講師・版画家 宮寺雷太)
今すぐ買える版画の逸品 版画マーケットプライス9~11月版
展覧会スケジュール9月~11月版
公募展受賞作品/公募展募集要項
版画インフォメーション
HANGA GEIJUTSU English Summary

上記内容は本書刊行時のものです。