版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
加山又造全版画集(新装版) 加山又造(著/文) - 阿部出版
..

加山又造全版画集(新装版)

芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:阿部出版
A4変型判
縦275mm 横220mm 厚さ19mm
200ページ
定価 6,000円+税
ISBN
978-4-87242-482-9   COPY
ISBN 13
9784872424829   COPY
ISBN 10h
4-87242-482-4   COPY
ISBN 10
4872424824   COPY
出版者記号
87242   COPY
Cコード
C3071
専門 単行本 絵画・彫刻
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年2月1日
書店発売日
登録日
2020年12月12日
最終更新日
2021年1月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

戦後の日本美術界を代表する日本画家・加山又造は、他の追随を許さない圧倒的な画力で当時の美術界に革新的な新風を吹き込みました。多岐にわたる活動をしていた加山又造ですが、なかでも「版画」は作家の芸術を語るうえで欠かすことのできない重要な仕事の1つとして知られています。
加山又造は、1955年に初めて版画作品を手掛けたのを皮切りに、以降、亡くなる前年の2003年に至るまで銅版、木版、リトグラフと多彩な技法で、数多くの傑作版画を生み出してきました。華麗かつ艶やかな雰囲気を漂わすその版画作品は、今なおその日本画作品に勝るとも劣らないほどの人気を博しています。
本書は1955年の処女作《鹿》から類書未収録である生前最後の木版画作品を含む全158点を、作品の詳細データとともにオールカラーで完全収録した、作家の『決定版作品集』となります。生前の作家インタビューや関連記事のほか、年譜、協働した版画工房や職人による解説など、作家の版画、そして作品を読み解くうえで欠かせない情報も豊富に盛り込んでおります。

目次

・全版画作品目録
・資料
  主な工房紹介
  技法解説
  再録資料
   日本画壇の驍将(ぎょうしょう) 加山又造の版画 文・富永惣一
   ある晴れた夏の日に  文・加山又造
   加山又造の版画 文・瀧 悌三
   先輩加山又造さんと私 文・平山郁夫
   美神の寵児・加山又造 文・瀬戸内晴美
   銅版画制作日記 文・木村希八
   加山又造、浮世絵を描く 文・谷岡 清
   孫・加山万葵さんと訪ねる加山又造の版画制作
    [インタビュー]刷師・木村希八 銅版画・リトグラフ
    [インタビュー]アダチ版画研究所 木版画
・年譜
・画題索引

著者プロフィール

加山又造  (カヤママタゾウ)  (著/文

1927年京都に生まれる。東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業後、日本画の伝統的な様式を現代的な感覚で表現した作品を生み出し、「現代の琳派」とも称された。1955年より版画制作も手掛けるようになり、以後、銅版、木版、リトグラフと多様な技法で、数々の傑作を生み出した。その版画作品は、現在、日本画と並び、作家の画業を中枢を担う大きな柱として評価されている。2004年死去。多摩美術大学名誉教授。

上記内容は本書刊行時のものです。