版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
西表島探検 安間繁樹(著) - あっぷる出版社
.

西表島探検 亜熱帯の森をゆく

A5判
縦210mm 横148mm 厚さ23mm
重さ 320g
344ページ
並製
価格 2,400円+税
ISBN
978-4-87177-342-3
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2017年6月
書店発売日
登録日
2017年3月28日
最終更新日
2019年6月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-12-20 月刊やいま
2018-01-23 山と渓谷  2018年2月号
評者: 長谷川哲
2018-01-19 季刊しま  2018年1月号
評者: 根深誠
2018-01-13 沖縄タイムス  
評者: 石垣金星
2017-09-29 岳人  10月号
2017-09-15 faura  2017年秋号
2017-09-13 山と渓谷  10月号
2017-09-01 coralway  2017年9/10月号
2016-06-06 文化連情報  2017年8月号

目次

まえがき 7
山地や森のこと 23
装備について 34
足回り/服装/運搬用具/身の回り品/野営の用具/
炊事用具/記録用具/食料
危険の回避 52

序 章 テドウ山に登る─二○○五年
中野の浜にて 65
暑さは慣れるもの、耐えるもの? 71
沖縄一の大滝、ピナイサーラの滝 78

第一章 崎山半島を巡り、南海岸を経て大原へ─二○○五年
崎山半島へ 89
最西端のパイミ崎をきわめる 94
千体もの地蔵さん 106
鹿川からナサマ道を越えて 120

第二章 古見岳に登り、由珍川から板敷川を下る─二○○七年
最高峰古見岳に登る 135
幻の湖、独りぼっちは怖いか 148
大ゴルジュ、五○匹ものヒル 157

第三章 仲間川から南風岸岳登山、越良川を下る─二○○八年
大富から仲間川上流舟着場へ 170
怖い夢を見る 176
南風岸岳の山頂を極める 179
つかの間のホタルの群舞 187
水落の滝を越えて船浮へ 196

第四章 祖納から波照間森を経て大富へ
(その一)ギンゴガーラを下る─二○○六年
白浜から安藤道 208
ルート探しに一日を費やす 213
ギンゴガーラ、大ムカデに咬まれた時のこと 215
ギンゴガーラから脱出し浦内川へ 221
(その二)波照間森東沢を下り横断山道を辿る─二○○九年
再挑戦、マラリア 227
稜線の藪漕ぎ、ツルアダンとの死闘 233
五○メートルの断崖、波照間森東沢を下る 238
テント脇にハブが 242
後日談 249

第五章 仲間川から御座岳に登り、仲良川を下り白浜へ
(その一)桑木山北沢と御座岳北東沢─二○一○年
雨また雨の山歩き 257
御座岳登頂を目指す 266
御座岳北東沢を下り浦内川へ 270
大富へ戻る、泡盛が飲みたい 272
(その二)御座岳に登り、仲良川から白浜へ─二○一一年
仲間川から桑木沢を目指す 276
夕方はセミの大合唱 281
御座岳山頂を踏む 284
仲良川源流からナーラの滝 287
マングローブ、儀助に思いを馳せる 292

第六章 後良川から浦内川、稲葉を経て浦内橋へ─二○一二年
地表を埋め尽くすピンク色の落ち花 305
荒れ果てた分水嶺 314
既存の横断山道を使って軍艦石まで歩く 318
旧稲葉村、つわものどもが夢の跡 327

あとがき 337
参考文献 341

著者プロフィール

安間繁樹  (ヤスマシゲキ)  (

1944年、中国内蒙古に生まれる。
1963年 静岡県立清水東高等学校卒業。
早稲田大学法学部卒業。法学士。
早稲田大学教育学部理学科(生物専修)卒業。理学士。
東京大学大学院農学系研究科博士課程修了。農学博士。哺乳動物生態学専攻。
世界自然保護連合種保存委員会(IUCN・SSC)ネコ専門家グループ委員。
熱帯野鼠対策委員会常任委員。公益法人平岡環境科学研究所監事。日本山岳会会員・自然保護委員会委員・科学委員会委員。
2004年 市川市民文化ユネスコ賞受賞。
若い頃から琉球列島に関心を持ち、とくにイリオモテヤマネコの生態研究を最初に手がけ、成果をあげた。ボルネオ島との関係は1985年5月、40歳から。主に国際協力機構(JICA)の海外派遣専門家として、カリマンタン、ブルネイ、サバに16年間居住、動物調査および若手研究者の育成に携わってきた。西表島およびボルネオ島の自然と人々の営みを、あるがままに記録し続けることをライフワークとしている。
主な著書として、
琉球列島関係では、『イリオモテヤマネコ 狩りの行動学』あっぷる出版社。『ネイチャーツアー西表島』、『琉球列島―生物の多様性と列島のおいたち』東海大学出版会。『西表島自然誌』、『石垣島自然誌』晶文社。『マヤランド西表島』新星図書。『野生のイリオモテヤマネコ』汐文社。『やまねこカナの冒険』、『闇の王者イリオモテヤマネコ』ポプラ社。
ボルネオ島関係で、『熱帯雨林の動物たち』築地書館。『失われゆく民俗の記録』自由ヶ丘学園出版部。『ボルネオ島アニマル・ウォッチングガイド』文一総合出版。『キナバル山』東海大学出版会。『ボルネオ島最奥地をゆく』晶文社。『カリマンタンの動物たち』日経サイエンス社。
他に、『ヤスマくん、立ってなさい』講談社。『アニマル・ウォッチング』晶文社。『動物が すき!』福音館書店、がある。

上記内容は本書刊行時のものです。