版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
南部女性作家論 : ウェルティとマッカラーズ 吉岡 葉子(著) - 旺史社
...

南部女性作家論 : ウェルティとマッカラーズ

発行:旺史社
縦190mm
274ページ
価格情報なし
ISBN
9784871190664
出版社在庫情報
不明
初版年月日
1999年3月
登録日
2017年3月30日
最終更新日
2017年3月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

女性作家を読み抜く。暗示力と饒舌な表現力に卓越するウェルティ。閉鎖共同体(南部性)をグローバル視点(現代性)から照らしたマッカラーズ。南部女性作家の感性と現実認識に注目してきた著者の、アメリカ文学新理解。

目次

第1部 ユードラ・ウェルティ-内なる声、外なる声(ユードラ・ウェルティの小説論-評論集『ストーリーの目』より
『緑色のカーテン』と『広い網』の特質-現実の神秘
『緑色のカーテン』一考察-女性と饒舌、その喜劇性
『ポンダー家の心』-変わりゆく土地と家族についてのモノローグ ほか)
第2部 カーソン・マッカラーズ-南部性と現代性(マッカラーズの孤独と愛
マッカラーズの社会性
マッカラーズの子供たち・女性たち
結び「木と岩と雲」と「清潔な明るい場所」)

上記内容は本書刊行時のものです。