版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
イギリス小説試論 : 読み手の立場から 石井 勇(著) - 旺史社
...

イギリス小説試論 : 読み手の立場から

発行:旺史社
縦190mm
216, 6ページ
価格情報なし
ISBN
9784871190640
出版社在庫情報
不明
初版年月日
1998年9月
登録日
2017年3月30日
最終更新日
2017年3月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

イギリス小説の面白さ。フィールディング、スターン、オースティン、ディケンズ、ジョイス…。かりそめの解釈を超え、なおも聳えるイギリス小説の高峰を単独で踏査。味読力の衰弱を排した、沈着かつ誠実な"読み"の集成。

目次

第1章 物語と読者-ヘンリー・フィールディング『ジョウゼフ・アンドルーズ』
第2章 話の中の話-ローレンス・スターン『トリストラム・シャンディ』
第3章 小説の弁護-ジェイン・オースティン『ノーサンガー・アベイ』
第4章 作者の声-ジェイン・オースティン『エマ』
第5章 内なる時間-チャールズ・ディケンズ『大いなる遺産』
第6章 人体を読む-ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』第四挿話
付章1 物語としての「マルコによる福音書」
付章2 判じ絵としての『ドン・キホーテ』

上記内容は本書刊行時のものです。