版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
シーサイドももち 海水浴と博覧会が開いた福岡市の未来 福岡市史編集委員会(編集) - 梓書院
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

不明

取引情報

取引取次: ト|ニ|きんぶん図書
直接取引: あり(自社)
返品の考え方: 返品常時承ります。返品了解が必要な場合は、井上の了解で承ります。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784870357389

シーサイドももち 海水浴と博覧会が開いた福岡市の未来

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:梓書院
A5判
176ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-87035-738-9   COPY
ISBN 13
9784870357389   COPY
ISBN 10h
4-87035-738-0   COPY
ISBN 10
4870357380   COPY
出版者記号
87035   COPY
Cコード
C6021  
6:学参I(小中) 0:単行本 21:日本歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年5月10日
最終更新日
2022年6月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

30年ほど前、未来への希望をいっぱいに詰め込んで、
福岡市西郊の埋立地に「シーサイドももち」というまちが誕生しました。
この本ではその歴史をたっぷりとご紹介します!
……いやいや、できてからたった30年しか経ってないまちに歴史?
そう思う皆さんのために、この本は「シーサイドももち」の歴史を
古い順に体験できるようになっています。
(中略)
海辺のまちの過去と今と未来がどうやって繫がるのか。
この本は、そんな疑問を解き明かす1冊です。
ぜひこの本を片手に、福岡の顔「シーサイドももち」を堪能しつつ、
30年のさらに向こう側にある福岡の歴史を見つけてみてください。
(「この本の楽しみ方」より)

目次

刊行のごあいさつ
この本の楽しみ方

1 千客万来! ―百道松原のはじまり―
元寇の舞台、百道原/元寇の記憶/百道に広がる松原/あたらしい西新町へ/百道松原を売る、買う/四角い街区のなぞ/煉瓦の巨大建造物/海と松原のある学校/解説① 百道松原から西新のまちへ~シーサイドももち前史~

2 遊びに行こう! ―百道の海水浴場―
大海水浴場の幕開け/夏の夜の楽しみ/百道海水浴場前日譚/行楽地から鍛錬場へ/戦時下の博覧会―大東亜建設大博覧会―/百道周辺マップ―昭和14年―/海水浴場の再開/海の家たち/百道とヨットレースさよなら、百道海水浴場/百道周辺マップ―昭和50年―/百道海水浴場年表/解説② トレンドスポット百道の誕生

3 未来をつくろう! ―シーサイドタウンへの夢―
①新工業都市的ニュータウンの構想 1961年/②シーサイドタウン(臨海部大団地)への転換 1966年・1971年/③海浜都市をめざして 1976年・1981年/④シーサイドももちの誕生 1988年/解説③ シーサイドタウンへの夢

4 世界に開こう! ―よかトピアの思い出―
これぞ福岡の博覧会/いよいよ開幕、よかトピア!/ALLパビリオン―アジア太平洋と未来の体験―/よかトピアはイベント博―おまつりは出演してこそ福岡―/誌上よかトピア体験/懐かしのよかトピアグッズ/よかトピアをのこす/解説④ 「アジア太平洋博覧会―福岡'89(よかトピア)」が生んだ「であい」

5 福岡の顔として ―シーサイドももちの今―
思い出す/つなぐ/建ち並ぶむすぶ/光が彩る/見つける/映し出される/変わる/暮らす/つどう/解説⑤ 「シーサイドももち」が開いた福岡の未来

前書きなど

ももちを知ると、福岡が見えてくる

『新修 福岡市史 ブックレット・シリーズ』の第二弾は、タワードームがある福岡のシンボルエリア「シーサイドももち」の歴史がテーマです。近未来な景色が広がる現在の「ももち」の足元には、実は元寇防塁、海水浴場、博覧会といった、福岡を特徴づける歴史が積み重なってます。ダイナミックに変化を続ける福岡のまち歩きのお供に、この一冊をご活用いただければ幸いです。
―――――福岡市長 髙島宗一郎

上記内容は本書刊行時のものです。