版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
学び方が変わると人生が変わる 木村 貴志(著/文) - 梓書院
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:あり(自社)
返品の考え方: 返品常時承ります。返品了解が必要な場合は、井上の了解で承ります。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

学び方が変わると人生が変わる (マナビカタガカワルトジンセイガカワル) 30日で人生が変わる バッカーズ寺子屋の教育実践記録 (サンジュウニチデジンセイガカワル バッカーズテラコヤノキョウイクジッセンキロク)

教育
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:梓書院
四六判
328ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-87035-705-1   COPY
ISBN 13
9784870357051   COPY
ISBN 10h
4-87035-705-4   COPY
ISBN 10
4870357054   COPY
出版者記号
87035   COPY
Cコード
C0037  
0:一般 0:単行本 37:教育
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年11月17日
最終更新日
2021年1月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2021-02-28
MORE
LESS

紹介

この国の未来は、学び方の変革にかかっている!
1年間たった30日のプログラムで子どもたちが大きく成長する、バッカーズ寺子屋の教育。その教育の本質は「学び方を変える」「志を立てる」という、たったふたつのことだった──。わずか1年間でたくましく成長し、様々な世界へと道を切り拓いていった卒塾生たちの成長記録から、教育の本質を探る。
10歳から15歳の子どもたち600人の人生に大きな影響を与えた「学び方改革」の実践記録。

目次

はじめに
教育にとって何が必要か

第1章 人格を磨く教育の実践
   ・バッカーズ寺子屋の塾生レポートが示唆する教育に大切なもの
   ・バッカーズ寺子屋とは
   ・私の問題意識
第2章 今、求められる「学び方の変革」
   ・アウトプットを前提としたインプット
   ・「話の聴き方」を変える
   ・「書くこと」の意味を知る
   ・「読み方」を変える
   ・「読むこと」の意義を知る
   ・「話し方」(スピーチの仕方)を変える
   ・「体験と言語化すること」を同時に
第3章 今、求められる「志の教育」
   ・志を立てる意味
   ・志とは何か
   ・志はご大層なことか?
   ・志を立てる方法「啓発録」
第4章 教育にとって大切な18のポイント
   ①「気づく力」を育む
   ②「疑問を持つ力」を育む
   ③「利他の心」を育む
   ④「自分と向き合う力」を育む
   ⑤「自分らしく生きる力」を育む
   ⑥「自己を確立する力」を育む
   ⑦「自分を支える言葉の力」を育む
   ⑧「志の大切さに気づく力」を育む
   ⑨「行動する力」を育む
   ⑩「プリンシプル」を身につける
   ⑪「社会を知る意欲」を育む
   ⑫「文化の大切さに気づく力」を育む
   ⑬「マナーを大切にする心」を育む
   ⑭「感謝心」を育む
   ⑮「努力する力」を育む
   ⑯「強い精神力」を育む
   ⑰「失敗を恐れない力」を育む
   ⑱「困難に打ち克つ力」を育む
第5章 未来へ託したいこと
   ・制度改革ではなく、学び方の改革を
   ・教育における「不易」

おわりに

前書きなど

私は10歳から15歳(小学4年生から中学3年生)の子どもたちの学び舎「バッカーズ寺子屋」「バッカーズ九州寺子屋」の塾長を務めています。
この学び舎は、学校とも学習塾とも、既成概念にある様々な習い事とも違う学び舎で、様々な角度から、人として大切なプリンシプル(生き方の原理原則)や、ものの見方・考え方、マナー、その他様々なことを学び、夢を志に高めるための学び舎です。
1年間、学校も学年もバラバラの塾生たち20名ほどと一緒に、企業トップの話をうかがったり、企業訪問をして社会について学んだり、合宿をしたりと様々な角度から学んでいます。1年間で学ぶ実日数は30日ほどですが、塾生たちの成長ぶりは素晴らしく、人として逞しく成長していきます。
(「はじめに」より)

版元から一言

大人でも子どもでも、同じ内容の話を聞いて10の学びを得る人もいれば、1の学びも得ない人もいる。その差はいったいどこにあるのだろうか。学ぶ内容ももちろん大切であるが、賢人はありとあらゆることがらを学びに変えていく。大切なのは「学び方」であり、学ぶための「志」の有無ではないだろうか。1年間わずか30日のプログラムで大きく成長した子どもたちの教育実践記録から、学びの本質を探る。

著者プロフィール

木村 貴志  (キムラ タカシ)  (著/文

Vision&Education,Ltd. 代表取締役。バッカーズ寺子屋塾長。バッカーズ九州寺子屋塾長。
1962 年、福岡県生まれ。企業勤務、高等学校教師などを経て、2006 年に「志の教育を創る」を理念にVision & Education,Ltd. を設立。代表取締役を務める。「志の教育」をテーマに全国各地で教育実践活動を展開中。
2005 年よりバッカーズ・ファンデーション(会長 セコム株式会社最高顧問 飯田亮氏)が主催する「バッカーズ寺子屋」の教育プログラムを作り塾長を務める。
2008 年からはバッカーズ九州寺子屋(支援者の会会長 株式会社麻生 代表取締役会長 麻生泰氏)の塾長を務め、二つの寺子屋の塾長として、次代を担う10歳から15 歳の子供たちの育成に力を注いでいる。
また、「全ての人たちが志を持ち、活き活きと生きる社会の実現」を目指し、「志の教育」をテーマとした教育プログラムを、中学・高校・専門学校・企業・団体など幅広い層を対象に実施している。古今東西の歴史上の人物の生き方、現代を生きるビジネスパーソンの生き方、日本の自然・文化・歴史、国際社会の大きな変化などを踏まえた「志の教育」には多くの支持が集まる。
幼児教育の分野においても、教育理念に関する研修(職員向け)、親心の学び舎(保護者向け)を実施するなど、日本の教育をより良いものにするための教育実践に力を注ぐ。
著書に、『「志」の教科書』(産経新聞出版)などがある。

〔研修テーマ〕
・「今、求められる志の教育」 ・「先人の生き方に志を学ぶ」 ・「人物を創る教育」
・「プレゼンテーション~伝えることの本質~」 ・「親心を育む」

上記内容は本書刊行時のものです。