版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
最後の通信使 易地聘礼 日朝文化交流の集大成と新たな扉 長崎県対馬市(編) - 梓書院
.

最後の通信使 易地聘礼 日朝文化交流の集大成と新たな扉

発行:梓書院
B6判
130ページ
並製
価格 700円+税
ISBN
978-4-87035-671-9
Cコード
C0079
一般 単行本 コミックス・劇画
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年5月29日
最終更新日
2020年6月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

鎖国の中、お互いを理解し真心を持って交流する「誠心外交」によって、
第11回まで続けられてきた朝鮮通信使。
しかし、この長く続いてきた交流ゆえの「誠心交流」の緩みが、一つの悲しき事件を巻き起こす。

事件を乗り越え、第12回通信使交流に動き出した対馬に、更なる波乱が待ち受ける。
天変地異、財政難による幕府からの聘礼延期の通達。
そこから莫大な費用削減のため、江戸で行われてきた通信使にかかわる
全ての儀式・行事を対馬で行うという改革案「易地聘礼」実現に向けて、再び対馬は奔走していく。

最後の朝鮮通信使にして、一度だけ実現した「易地聘礼」
その道のりを辿る。

今回の主役となるのは、日朝両国の間において、実務的なやり取りを行ってきたものたちです。≪中略≫ユネスコ記憶遺産「朝鮮通信使に関する記録」において認められたとおり、「恒久的平和共存関係と異文化尊重」が今回の一連の作品を通してよりわかりやすく、皆様に発信されることを祈って。(発刊に寄せて 比田勝尚喜(対馬市長)より)

目次

マンガ 最期の朝鮮通信使 易地聘礼
第一話『第11回朝鮮通信使』
第二話『唐人殺し』
第三話『交渉』
第四話『悲願の易地聘礼』

発刊に寄せて 比田勝尚喜(対馬市長)
/小島武博(対馬の歴史マンガ化事業実行委員会会長)

【巻末資料】
・東槎録 ―善隣の島への好意溢れる最後の使行録
・もうひとつの朝鮮通信使「訳官使」
・文化の城下町再開発について
・孝行芋(サツマイモ)の歴史

著者プロフィール

松本 康史  (マツモト ヤスシ)  (マンガ

1977年生まれ。アシスタントを経て秋田書店など商業誌で連載。
映画「バクマン」本編のオリジナルマンガ(劇中マンガ)の作画他も担当。

上記内容は本書刊行時のものです。