版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
牡丹社事件 マブイの行方[増補版] 平野 久美子(著) - 集広舎
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

不明

取引情報

取引取次: 鍬谷|地方小
直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784867350102

牡丹社事件 マブイの行方[増補版] 2 日本と台湾、それぞれの和解

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:集広舎
四六判
324ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-86735-010-2   COPY
ISBN 13
9784867350102   COPY
ISBN 10h
4-86735-010-9   COPY
ISBN 10
4867350109   COPY
出版者記号
86735   COPY
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年5月15日
書店発売日
登録日
2021年3月25日
最終更新日
2021年4月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2021-05-15
MORE
LESS

紹介

日台はどのように
過去の清算に努めたか?

日台近代史の出発点、牡丹社事件の末裔が和解に動いた。
加害と被害の歴史を巡る両者の葛藤。マブイ(魂)の鎮魂、
彼らの祈りは?琉球民遭難殺害事件から150年、新たに見えてきた日台のドラマ。
2020年までの日台双方の和解の試みを補筆。


「著者はこの忘れられた事件から百数十年を経て、謝罪、和解の動きがあることを克明に追う。特に、原住民のパイワン族の口伝を紹介する章は特筆すべきである」
(保阪正康氏・朝日新聞書評欄)
「近代日本拡張主義の一里塚となった重大事件ながら、歴史の記述には当事者の言葉が決定的に欠けている。それが作者が抱いた問題意識だった」
(野嶋剛氏・沖縄タイムス書評欄)
「加害者と被害者、双方の子孫の心情や葛藤を見詰めながら、本書は和解の努力やゴールのあり方を掘り下げている」
(長崎新聞・文化欄)

目次

序 章 耳を疑ったニュース
    ・飛び込んできた、ビックリ仰天のニュース
第一章 和解への旅
    ・時空を超えて、事件の被害者と加害者の末裔が向き合った
第二章 事件の顛末
    ・日本人が、すっかり忘れているあの事件
第三章 末裔たちの葛藤
    ・末裔たちは、歴史を背負って生きてきた 
第四章 パイワン族の口伝
    ・日本の公文書が記録できなかった、事件の核心「なぜ?」
第五章 忘却の拠点地
    ・長崎から台湾出兵を振り返る
第六章 未来への残像
    ・和解のゴールを求めて歩み続ける人々
終 章 マブイの行方
    ・未知の彼方からマブイの視線が・・・

著者プロフィール

平野 久美子  (ヒラノ クミコ)  (

平野久美子 (ひらの・くみこ)
作家。東京都出身。学習院大学仏文科卒業。編集者を経て1990年代末より執筆活動へ。学生時代から各国、特にアジアを巡り、その体験を生かして多角的にアジアと日本の関係をテーマに作品を発表。台湾の日本統治時代に関心が深く、取材を続けている。主な著作に『淡淡有情』(小学館ノンフィクション大賞)『トオサンの桜』(小学館)『中国茶 風雅の裏側』(文春新書)『水の奇跡を呼んだ男』(産経新聞出版、農業農村工学会著作賞)『テレサ・テンが見た夢』(ちくま文庫)『台湾世界遺産級案内』(中央公論新社)など。日本文藝家協会会員、一般社団法人「台湾世界遺産登録応援会」顧問。

旧版ISBN
9784904213728

上記内容は本書刊行時のものです。