版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
在宅専門医という生き方 内田 貞輔(著/文) - 日本医療企画
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

在宅専門医という生き方 (ザイタクセンモンイトイウイキカタ) 「動く総合病院」が診療所経営を変える

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
170ページ
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-86729-166-5   COPY
ISBN 13
9784867291665   COPY
ISBN 10h
4-86729-166-8   COPY
ISBN 10
4867291668   COPY
出版者記号
86729   COPY
Cコード
C3034  
3:専門 0:単行本 34:経営
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年3月27日
書店発売日
登録日
2023年3月17日
最終更新日
2023年5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

異なる専門領域の医師を揃え、幅広い視点から高齢者を自宅で見守る
これまでの「在宅医療」のあり方を打ち破る「動く総合病院」として、
「24時間・365日対応」。      
新たな医療を切り拓く内田医師。「在宅医療」の魅力とやりがい、めざすべき
医療の未来像を通して、「在宅専門医としての生き方」を熱く語る!

目次

■Prologue■
印象深い「在宅看取り」のエピソード
73歳で肺がんを発症したAさんのケース
脳梗塞で寝たきりになったCさんのケース
人生の最期をどのように迎えるか
納得できる最期を患者・家族とともに考える
人工栄養や輸液はむしろ有害
訪問回数を増やし、穏やかな最期をサポート
旅立つ家族から「命を受け継ぐ」

■PART1■
なぜ、いま在宅医療が求められているのか
高まる在宅医療に対する期待
在宅医療の普及には啓蒙活動が重要
治す医療から支える医療へ
在宅医療の10 のメリット
在宅医療は「人生の最期」だけではない
在宅医療に関する6つの誤解
在宅医療が困難なケースもある

■PART2■
在宅専門医に必要な資質、目指すべき医療のかたち
“施設と組む”スタイルの確立
開業1年目に起きたさまざまなトラブル
医師会に入会できず、紹介患者がゼロ
質の高い医療を続ければ、必ず周囲が認めてくれる
コンセプトは「動く総合病院」
在宅医療のプロとして追求すべきこと
在宅医療はオーダーメイド医療である
「在宅入院」という独自の考え方
普通の生活に戻すところまでが治療
病院や施設の当たり前を在宅に持ち込んではいけない
終末期の不安をいかに和らげる
数値には表れない行為が信頼感を生む
笑顔が溢れる看取りを目指したい

■PART3■
組織の成長を支えるマネジメントと人材育成
1日の訪問スケジュール
看護師を要とする訪問スタイル
地域連携室が担う重要な役割
事業拡大に欠かせない組織体制の整備
バックオフィスの機能強化とタスクシフト
主体的に選ばれるクリニック、選ばれる法人へ
どの医療機関でも通用する人材を育成する
充実した教育体制で職員の成長を支援
学習効果を高める仕組みづくり
職員はやりがいを持って働けているか
ITを積極活用した業務の効率化
同じ志を持った仲間を集めたい
在宅医療を正しく理解してもらうために
職員それぞれの体験・それぞれの成長
在宅医療のやりがいを感じ、成長できる環境
  静岡ホームクリニック院長/医師 松本拓也
笑いのある看取りを目指して
  法人診療部看護師 鈴木梨恵
各分院の地域連携室スタッフに自分の経験を伝えたい
  法人顧問/連携室看護師 望月悦子

■PART4■
在宅専門医という生き方
「互助」が当たり前の田舎町で育つ
医師を目指したきっかけ
恩師の闘病を知り、リウマチ内科の道へ
在宅医という天職との出会い
念願の開業、刺激に満ちた日々を送る
諸先輩方のアドバイスを糧に
美容師をしていた母の教え
相応の覚悟がなければ開業できない時代へ
チャレンジを続けることが重要

■PART5■
医療法人社団貞栄会が目指す地域医療の将来像
地域からの要請で首都圏に分院展開
都市部を中心に在宅医療の受け皿が不足
安易な考え方の施設とはパートナーになれない
在宅医に求められる資質・心構え
病気だけでなく心にも向き合う
仲間の独立開業を全力でバックアップ
在宅医療を通じた社会貢献
新たな在宅医療のモデルを創出する
静岡市でナンバーワンを目指す

■PART6■
特別対談:先駆者と語る!在宅医療が目指すべき未来
志あるクリニックとともに在宅医療のアライアンスを形成したい
  佐々木淳(医療法人社団悠翔会理事長・診療部長)
医療と介護の境界線を越えたシームレスな連携を目指して
  江頭 大(株式会社日本アメニティライフ協会取締役事業本部長)
変化の時代に適応するためには学習し続ける力が不可欠
  山下和洋(株式会社ヤマシタ代表取締役社長)
患者さんの不安に寄り添い“楽しい”在宅医療を実践するために
  長尾和宏(長尾クリニック名誉院長)

版元から一言

著者医療法人社団貞栄会理事長・内田貞輔氏が「在宅専門医のあるべき姿」を説いた
内容です。

内田氏が考える在宅医療とは、一人の総合診療医(GP)が孤軍奮闘してその地域を守ると いうものではなく、各科の専門医が高齢者の自宅に赴く、
いわば総合病院が訪問診療を行うというカタチのものです。
もちろん、専門医であってもプライマリケアの視点を大切にしています。

内田氏は、自院のコンセプトを「動く総合病院」と掲げ、24 時間 365 日体制で
高齢者の家族とともに終末期、看取りを重視した質の高い医療に心血を注いでいます。

著者プロフィール

内田 貞輔  (ウチダ テイスケ)  (著/文

医療法人社団貞栄会理事長/医学博士
栃木県出身。2007 年聖マリアンナ医科大学卒業。                 13 年聖マリアンナ医科大学内科学講座助教。                          15 年より静岡ホームクリニック院長。16 年11 月に同クリニックを法人化し、      医療法人社団貞栄会を設立。静岡市駿河区を中心に在宅医療に従事してきた。     また、東京都港区には「三田在宅診療クリニック」、                千葉県千葉市には「千葉在宅診療クリニック」、                  愛知県名古屋市には「なるみ在宅診療クリニック」がある。
【専門医資格】※ 2022 年12 月現在 

日本在宅医療連合学会在宅専門医・指導医、日本プライマリ・ケア連合学会認定医・  指導医、日本リウマチ学会リウマチ専門医・                     指導医、日本アレルギー学会アレルギー専門医、                  日本内科学会総合内科医、日本緩和医療学会緩和医療認定医、            日本抗加齢医学会専門医、難病指定医師、肢体不自由児指定医師

上記内容は本書刊行時のものです。