版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
古代万葉の歳時記 東 茂美(著) - 海鳥社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|きんぶん図書|地方小
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784866561103

古代万葉の歳時記 (コダイマンヨウノサイジキ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:海鳥社
A5判
306ページ
上製
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-86656-110-3   COPY
ISBN 13
9784866561103   COPY
ISBN 10h
4-86656-110-6   COPY
ISBN 10
4866561106   COPY
出版者記号
86656   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年12月13日
書店発売日
登録日
2021年11月5日
最終更新日
2021年12月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

古代万葉びとの春夏秋冬によりそう暦の暮らし―。いにしえの暮らしは自然と一体であり、年中の行事作法や儀式と共にこれを楽しみ愛(いつく)しんできた。うつろう自然に託された万葉びとの思いを歌で味わい、その生活や風俗・習俗を読み解いていく。『万葉集』を読むだけではわからない万葉びとの暮らし十二カ月

目次

春 一月 正月の酒/雪に祈る
  二月 物差しを贈る
  三月 雄略の采菜歌/おお牧場は緑
夏 四月 うはぎを煮る/灌仏と行像
  五月 時鳥、鳴く/蟾蜍をとらえる
  六月 水無月の小旱/鵜飼の夏
秋 七月 七夕/盂蘭盆
  八月 放生会/萩の忌
  九月 九月のしぐれ/刑を執行せず
冬 十月 神のいまさぬ月/暖 
  十一月 霜降る朝/冬至
  十二月 餅/年越しの大祓
万葉食堂 春・夏・秋・冬のひと品

版元から一言

著者は、そのわかりやすくドラマチックな語り口で、市民講座やセミナー、講演会はいつも大盛況の人気講師です。日本文学にとどまらず、その目線は東アジアからヨーロッパまで俯瞰しており、文学と比較文化を交えた考察は刺激的でワクワクします。本書では、万葉集に収載された歌から特に歳時記に則したものをとりあげ、古来、息づいてきた「季節とともに生きる暮らし」を歌とともに解説します。宮廷に仕える官女たちが新緑のころ、ブランコ遊びに興じる姿や、天皇を護衛するべき官人が蹴鞠で遊んでいるうちに雷雨になり、邸宅に1人残された天皇から叱責を受けるなど、朗らかで伸びやかな姿も楽しむことができます。春夏秋冬の四章にわけ、各章には「万葉食堂」として万葉びとが実際に食べていたメニューもレシピとともに紹介。

著者プロフィール

東 茂美  (ヒガシ シゲミ)  (

1953(昭28)年,佐賀県伊万里生れ。成城大学大学院博士課程修了。博士(文学)。福岡女学院大学名誉教授。著書に『大伴坂上郎女』(1994年,笠間書院),『東アジア万葉新風景』(2000年,西日本新聞社),『山上憶良の研究』(2006年,翰林書房),『万葉集の春夏秋冬』(2013年,笠間書院),『鯨鯢と呼ばれた男 菅原道真』,『元号「令和」と万葉集』(2019年,2020,共に海鳥社)などがある。各地の市民講座講師としても人気を博し,全国で開催される講演会でも活躍中。

上記内容は本書刊行時のものです。