版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
九州の港と唐人町 森 勝彦(著) - 海鳥社
.

書店員向け情報

在庫ステータス

在庫あり

取次情報

取次: ト|ニ|楽天|中|地方小|きんぶん図書
直接取引: あり(自社)

九州の港と唐人町

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:海鳥社
A5判
96ページ
並製
定価 1,000円+税
ISBN
978-4-86656-098-4   COPY
ISBN 13
9784866560984   COPY
ISBN 10h
4-86656-098-3   COPY
ISBN 10
4866560983   COPY
出版者記号
86656   COPY
 
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年4月30日
書店発売日
登録日
2021年4月23日
最終更新日
2021年4月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

かつて九州には、いくつもの勢力が複雑に絡み合った国際色豊かな港が存在していた。
対外交易に熱心な領主層を背景に、華人系唐人・ポルトガル・オランダ・イエズス会などの勢力が複雑に絡み合い、国際色豊かな港が現出した九州。戦国期から近世初頭にかけて大名・領主や禅宗系寺院が関係した港の中から、唐人町や唐人の存在が確認できるものを取り上げ、地籍図・絵図・空中写真などの図版と史料からその成り立ちと変遷をたどる。

目次

港と唐人町の分布
唐人町の形成過程
ゲートウェイの港と唐人町
  坊津/那覇久米村/博多と平戸
湾口の港と唐人町
  口之津/山川/根占
沿岸航路の港と唐人町
  伊倉/市来/加世田小松原/東串良
城下町の港と唐人町
  大分・臼杵/熊本・人吉・佐賀・福岡/国分/都城/鹿児島/麓集落と唐人町
鎖国の港と唐人町
  長崎/阿久根
引用・参考文献

著者プロフィール

森 勝彦  (モリ カツヒコ)  (

1953年鹿児島県生まれ。東京教育大学文学部卒業。筑波大学大学院歴史・人類学研究科博士課程単位取得退学。2001年北京大学城市環境学系留学。現在、鹿児島国際大学国際文化学部教授。専門は東アジアの歴史都市の交通・通信・交易・管理とその景観保存に関する歴史地理学的研究。
[主要著書・論文]
『中華郵便局の歴史地理』(単著、中国書店2012)『不管地の地政学―アジア的アナーキー空間序論―』(単著、中国書店2019)「上海の港湾施設空間の近代と再開発」『鹿児島国際大学国際文化学部論集』18-3(2017)、「天津の港湾施設空間の近代と再開発」同19-3(2018)

上記内容は本書刊行時のものです。