版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
あいりんは天使になって今も 熊本 広志(著/文) - 海鳥社
....

あいりんは天使になって今も

発行:海鳥社
A5判
314ページ
並製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-86656-067-0
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年3月18日
書店発売日
登録日
2020年3月7日
最終更新日
2020年4月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ベリーダンサーとしてステージに立ち,メイクアップ・アーティストを目指していた娘の愛子(あいりん)が,31歳で腎臓がんを発症。手術後転移をくり返しながらも,いつも弾ける笑顔でいっぱいだった。あらゆる手を尽くした1年半の闘病生活を経て,天使になった愛子。その「今を生きる」力強さと,太陽のような笑顔の魅力を,カメラマンである父親が撮影した写真と共に綴る。

目次

宣告の瞬間 そして突然の質問/大手術を乗り越えた/入院日記/退院の日/2回目の検診 意味深な一言…… /再出発の旅/リゾートの朝/運命の日/父の日 最後になるなんて/セカンドオピニオン/期待のオプジーボ開始/初めまして あいりん!/打ち砕かれた祈りと期待/わずか3日後 2度目の宣告/病院から病院へ /フェイスブックで告白/踊れない 最後のステージ/「先生 もう慣れました……」 /大学病院で10例もない悪性がん/「ラストクリスマスか……」悲しい独り言 /想い出の家族写真 そして救急搬送/早すぎる余命宣告 /主治医からの宣告を断る/「さあ、お家に帰ろう」 空しい退院/復帰したら筋トレやりたい!/切ないプレゼント/桜満開 晴天の日/最期の判断 そして/悲しい片道切符/友情の人の波/サ ク ラ ニ シ ス/天使になって踊っていたよ……きっと……

版元から一言

カメラマンである著者による「あいりん」の魅力がいっぱいに詰まった1冊。がんの宣告を受けながらも、いつも、そして最後まで最高の笑顔で過ごした娘の姿を、著者はひたすらカメラにおさめてきました。その笑顔を見ていると、闘病記に綴られた現実の厳しさが噓のようです。あいりんの可愛らしさ、美しさ、そして生きる力強さに満ちたその笑顔には圧倒されます。

著者プロフィール

熊本 広志  (クマモト ヒロシ)  (著/文

家族との旅をテーマに,九州各地からアジア各国を撮影。著書に『九州の滝』、『九州の巨樹』、『発見! 九州の滝』の「100の絶景」シリーズ3部作(2007~12年)のほか、『絶景九州 今すぐ行きたい100名所』(2013年)『絶景アジア』(2016年、以上すべて海鳥社)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。