版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
高血圧 脳卒中・心筋梗塞・動脈瘤 循環器内科の名医が教える 最高の治し方大全 苅尾七臣ほか6名(著/文) - 文響社
..

高血圧 脳卒中・心筋梗塞・動脈瘤 循環器内科の名医が教える 最高の治し方大全

発行:文響社
四六判
厚さ18mm
224ページ
定価 1,450円+税
ISBN
9784866512976
Cコード
C0077
一般 単行本 家事
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年9月24日
書店発売日
登録日
2020年7月15日
最終更新日
2020年9月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

国内に予備群を含め4,300万人の患者がいるとされる最大の国民病「高血圧」。別名「サイレントキラー」(沈黙の殺し屋)と呼ばれ、脳卒中・心筋梗塞・腎臓病・大動脈瘤・認知症・眼底出血といった大病の直接的な引き金となる怖い病気。日本人の死亡原因のリスク因子では、喫煙に次ぐ第2位となっている。

にもかかわらず、国内で高血圧の治療を受けている患者数は994万人。つまり、3,000万人以上が高血圧を放置しているか発症に気づいていないことになる。

高血圧は、早期発見・早期治療で、脳心血管病を防ぐことができ、少しの心がけでコントロールできるのに、そのことを知らずに悪化させ、取り返しのつかない事態を招く人が後を絶たないという。

本書は、国内外の最新研究でわかった「最善・最強の高血圧対策」を、日本を代表する専門医陣に本音で解説してもらい、手遅れになる前に高血圧についての正しい知識や対処法を一問一答形式で身につけてもらう、大人気Q&Aシリーズの最新刊。

主な質問内容
・治療を続けてもなぜ下がらない?
・長年放置してきたけど大丈夫?
・薬に頼らず自力で下げる方法は?
・私に合う降圧薬はある?
・減塩が長続きする食事は?
・血圧が下がる食べ物は?
・降圧運動は何が効く?
・晩酌を続けていい?
など、医師に聞きにくいことにもズバリ回答!

著者プロフィール

苅尾七臣ほか6名  (カリオカズオミホカロクメイ)  (著/文

苅尾七臣(自治医科大学循環器内科学部門教授)
桑島 巌(東京都健康長寿医療センター顧問)
市原淳弘(東京女子医科大学高血圧・内分泌内科教授)
高沢謙二(東京医科大学名誉教授)
島田和幸(自治医科大学名誉教授 新小山市民病院理事長)
今井 潤(東北大学名誉教授)
渡辺尚彦(東京女子医科大学東医療センター元教授)

上記内容は本書刊行時のものです。