版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ビールでブルックリンを変えた男 スティーブ・ヒンディ(著/文) - DU BOOKS
.

ビールでブルックリンを変えた男 ブルックリン・ブルワリー起業物語

発行:DU BOOKS
B6変型判
256ページ
上製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-86647-122-8
Cコード
C0034
一般 単行本 経営
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年4月7日
最終更新日
2020年5月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-09-23 日経MJ

紹介

荒廃した街とコミュニティが元気になった!

小さな醸造所をNYナンバー1クラフトブルワリーに成長させた
著者だからこそ伝えられること。

<本書のおもな内容>
・クラフトビールでヒップな街づくり?
・戦場ジャーナリストからビールづくりへ転身!?
・自家製ビールから伝説のレシピの発見。
・I♥NYで知られるトップデザイナー、ミルトン・グレイザーがデザインしてくれたわけ
・かつてビールの街として栄えていたブルックリンに、ふたたび活気を!
・スタートして、すぐに次から次へと取材が舞い込んだ理由
・カルチャーの底上げなくして、売上なし

<目次>

はじめに 荒廃した街が起業で復興した  
1章 みんなホームブルーイングからはじまった  
2章 流通はマーケティングである  
3章 ビールをワイン好きのニューヨーカーに広めるには?  
4章 ローカルとグローバルは矛盾しない  

コラム
街の歴史に根ざしたレシピ
ビール業界に起きた革命
クラフト革命には政治とロビー活動が必要だ!
ブルックリン・ブルワリー事業計画の概要

折り込み特典
THE Beer Book FOR READERS~ビールの自由さと多様性を伝えるためのミニミニブック


<著者略歴>
スティーブ・ヒンディ(Steve Hindy)
元ジャーナリストで、ブルックリン・ブルワリー共同創業者。
AP通信時代の中東特派員を経て、86年、ブルックリン・ブルワリーを創業。
今日の米クラフトビール市場をリードするクラフト・ブルワリーが誕生した。
ワイン好きのニューヨーカーにさまざまな種類のクラフトビールの愉しみ方を広め、
ブルックリン・ブルワリーは現在、ニューヨークの観光名所となり、
醸造所のあるブルックリン(ウィリアムズバーグ)界隈も活気を取り戻した。
Twitter and Instagram @SteveKHindy


和田侑子(ferment books)
わだ・ゆうこ
翻訳家。マイクロ出版社/編集ユニットferment booksを運営。
『クラフトビール革命』『マリメッコのすべて』(DU BOOKS)、『サンダー・キャッツの発酵教室』(ferment books)、『おいしいセルビー』『バンクシー ビジュアルアーカイブ』(グラフィック社)、『Web料理通信』などの翻訳を担当。ferment booksとしての編著書に『発酵はおいしい!』(パイ インターナショナル)がある。
Twitter and Instagram @fermentbooks

目次

<目次>

はじめに 荒廃した街が起業で復興した  
1章 みんなホームブルーイングからはじまった  
2章 流通はマーケティングである  
3章 ビールをワイン好きのニューヨーカーに広めるには?  
4章 ローカルとグローバルは矛盾しない  

コラム
街の歴史に根ざしたレシピ
ビール業界に起きた革命
クラフト革命には政治とロビー活動が必要だ!
ブルックリン・ブルワリー事業計画の概要

折り込み特典
THE Beer Book FOR READERS~ビールの自由さと多様性を伝えるためのミニミニブック

著者プロフィール

スティーブ・ヒンディ  (スティーブ・ヒンディ)  (著/文

スティーブ・ヒンディ(Steve Hindy
元ジャーナリストで、ブルックリン・ブルワリー共同創業者。
AP通信時代の中東特派員を経て、88年、ブルックリン・ブルワリーを創業。
今日の米クラフトビール市場をリードするクラフト・ブルワリーが誕生した。
ワイン好きのニューヨーカーにさまざまな種類のクラフトビールの愉しみ方を広め、
ブルックリン・ブルワリーは現在、ニューヨークの観光名所となり、
醸造所のあるブルックリン(ウィリアムズバーグ)界隈も活気を取り戻した。
Twitter and Instagram @SteveKHindy

上記内容は本書刊行時のものです。