版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ジャジューカの夜、スーフィーの朝 サラーム海上(著) - DU BOOKS
.

ジャジューカの夜、スーフィーの朝 ワールドミュージックの現場を歩く

発行:DU BOOKS
四六判
352ページ
並製
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-86647-040-5
Cコード
C0073
一般 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2017年12月
書店発売日
登録日
2017年11月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2010年代、どんどん更新されていくワールドミュージックを追い求め、アジア、中東、北アフリカへ。


パキスタンで伝統音楽とジャズのハイブリットを、インドで古典音楽とスーフィー音楽を、
レバノンでアンダーグラウンドのポップスを、イスラエルでジャズとロックを、トルコでクラブミュージックを、モロッコでジャジューカを。
世界の音楽に、その現場で向き合った記録。


《3・11東日本大震災以降の世界で、音楽を聴くことの意味はどこにあるのだろうか。
ましてや僕の専門分野であるワールドミュージックを聴くことの意味は何だろう?
僕はあの日以来、常に自分に問いかけている。[本書より]》

目次

【目次】
プロローグ いま世界の音楽を聴くということ 2011.May
第一章 パキスタン ジャズとプログレが古典を再生する 2012.February
第二章 レバノン 一〇年代のベイルート・アンダーグラウンド 2012.October
interview ヤスミン・ハムダン
第三章 イスラエル ガザ紛争停戦直後の音楽ショーケース 2012.November
第四章 インド アーメダバードの古典音楽祭とラージャスターン砂漠の民謡 2008.January / 2009.December
第五章 モロッコ 古代から伝承されるトランス音楽儀礼「ジャジューカ」 2013.June
第六章 インド再び 中世の城塞で開かれる宗教音楽祭 2014.February
第七章 二〇一四年のイスラエル 中東最大の音楽輸出国 2014.November
第八章 トルコ テロの影響に苦しむ街と人々 2015.September
interview ガイェ・ス・アキヨル
interview アシッド・アラブ
エピローグ 今日も音楽の生まれる現場で 2017.November
付録 厳選36ディスクガイド

著者プロフィール

サラーム海上  (サラームウナガミ)  (

音楽評論家/DJ/中東料理研究家/朝日カルチャーセンター講師。
中東やインドを定期的に旅し、現地の音楽と料理シーンをフィールドワークし続けている。 単行本や雑誌、WEBでの原稿執筆のほか、ラジオやクラブのDJ、オープンカレッジや大学での講義を行う。著書に『MEYHANE TABLE 家メイハネで中東料理パーティー』(LD&K)『イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅』『 おいしい中東 オリエントグルメ旅』(双葉社)『21世紀中東音楽ジャーナル』(アルテスパブリッシング)『エキゾ音楽超特急 完全版』(文化放送メディアブリッジ)ほか

上記内容は本書刊行時のものです。