版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
Amazon海外メーカー直取引完全ガイド 中村 裕紀(著/文) - スタンダーズ
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

書店員向け情報

Amazon海外メーカー直取引完全ガイド 初めてでも、1人でもできる

ビジネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ25mm
重さ 480g
384ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-86636-514-5   COPY
ISBN 13
9784866365145   COPY
ISBN 10h
4-86636-514-5   COPY
ISBN 10
4866365145   COPY
出版者記号
86636   COPY
Cコード
C0033
一般 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年9月
書店発売日
登録日
2021年7月24日
最終更新日
2021年8月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

★☆海外のメーカーから仕入れてAmazonで売る!  
★☆1日わずかの時間を使ってで毎月200万円稼ぐ!!  

★☆コロナ以降に副業で開始できる堅実ビジネス!   
★☆「Amazon海外メーカー直取引」が全部わかる最高の副業ビジネススタートブック  

本書は2019年に刊行され、大きな反響を呼んだ『Amazon国内メーカー直取引完全ガイド』に続く、 
「個人でメーカーから商品を仕入れてAmazonで販売する物販ビジネス」のノウハウをわかりやすく解説するガイドブックの第2弾です。 
前回は「国内メーカー」との取引がメインでしたが、今回は「海外のメーカーと直取引する」方法を、まったくの初心者の方にもわかりやすくご紹介します。 
 
「海外メーカー直取引」というと、言葉の壁や輸入規制など国内メーカーよりも 
ハードルが高いように思われがちですが、決してそんなことはありません。 
言葉の壁や輸入規制は拍子抜けするほどたいしたことはありませんし、 
国内メーカーよりも海外メーカーと取引するほうが合っている方もいます。 
実際に海外メーカー直取引は、国内メーカー直取引にはないメリットもたくさんあります。 
 
また、最近の輸入ビジネスというと、コロナ禍の影響も気にされる方もいると思いますが、これも心配ありません。 
コロナが流行りだした当初は送料が跳ね上がったり、発送遅延があったりしましたが、今では影響がほとんど見られなくなっています。 
むしろ家にいながらにして海外の商品を取り扱う「Amazon海外メーカー直取引」は、 
コロナ時代に見合った個人ビジネススタイルともいえます。 
 
それに、海外メーカー直取引は、日本では製造されていない魅力的な商品を広める喜びもあります。 
実際に海外メーカー直取引の場合、メーカーに直接働きかけ、Amazonだけでなく日本市場を独占できるという、大きなビジネス展開に繋がることがあります。 
これはAmazonの市場を独占することはできるが、完全な独占ができない国内メーカー直取引にはないメリットです。 
リスクや問題も多い「せどり」「転売」より、確実に安定して信用度も高い「海外メーカー直取引」、 
その魅力とスタート手順、具体的な海外メーカーとのやりとりの仕方、利益の出し方までどこまでもわかりやすく、 
「物販ビジネス自体が初めて」という方も気軽にスタートできるように解説したのが本書です。 
 
ぜひ本書を手に、「自分で稼ぐ力を身につけ、好きな時に好きな人と好きな場所へ 好きなだけ行く」という理想を、現実のものにしてください。 
 

目次

Chapter1 Amazon海外メーカー直取引の流れとメリット
01 Amazon物販ビジネスの魅力とは?
02 なぜ、「転売ヤー」や「せどらー」が消えていくのか?
03 海外メーカー直取引は意外と簡単!
04 海外メーカー直取引の8つのメリット
05 国内メーカー直取引と海外メーカー直取引のメリット
06 海外メーカー直取引はwin-win-winのビジネス
07 海外メーカー直取引の3つのデメリットと打開策
Column 「副業でやりながら1年後月利160万円達成しました!」

Chapter2 「出品アカウント」の取得と「商品登録」簡単ガイド
01 Amazon物販ビジネスに必要なもの
02 すぐできる!Amazon出品アカウントを開設しよう!
03 商品を登録してみよう
04 登録した商品を確認しよう
Column メーカー直取引は儲からないという噂は本当なのか?

Chapter3 FBAを使って在庫管理・梱包・発送をAmazonに任せよう
01 FBAとは何か 084
02 FBA納品をしてみよう 090
03 FBA納品で注意したいこと
04 FBA納品の配送周りについて
05 注文管理と売上管理
06 メール便で送料を抑えるFBA小型軽量商品プログラム
07 他のネット物販でも利用できるFBAマルチチャネル
Column 「お客様から脅しのメールが来ました……」

Chapter4 海外メーカー直取引を始める前に知っておきたいセールステクニックと重要ポイント
01 圧倒的に有利なカートボックスを獲得しよう
02 自分のストア評価を高くする
03 利益計算 ~Amazonに支払う手数料を把握しよう~
04 お客様から直接連絡があった場合の対応
05 返品商品が出てきた場合は?
06 便利なおすすめツールと使い方【最新版】
Column ツールがいつまでも使えるとは限らない

Chapter5 直取引できるメーカーを効率よく探そう
01 目標設定 ~どんな未来を手にしたいですか?~
02 目標管理をしよう ~数字をさまざまな方向から見直してみる~
03 売れる商品の見つけ方 ~海外メーカー直取引の商品リサーチの方法と手順~
04 セラーリサーチで魅力的な商品を掘り起こす
05 リサーチ表はお金を生み出す財産
06 Keepaを使った効率的なリサーチ方法
Column リサーチで「いいメーカーが見つからない」と感じたら……

Chapter6 英語力不要、初めてでも個人でもできる!海外メーカーへのメール交渉
01 海外メーカーとの交渉はメールだけでOK
02 海外メーカーにメールを送ってみよう
03 翻訳・通訳は月額5000円~で外注できる2
Column 国内メーカーと海外メーカー、どっちがいい?

Chapter7 海外メーカー直取引の契約成立を実現するツメの交渉術
01 海外メーカーからの返信パターン別攻略法
02 できる人の断られたときの対応方法
03 重要なポイント=メーカーとのやり取りを数字で測る
04 海外メーカーへの支払い方法(クレジットカード、PayPal、海外送金)
05 輸入禁止、もしくは規制がある商品は
06 日本への発送はメーカーが直接やってくれる
07 【実例】見積りをもらってから注文・支払いまでのメールのやり取り
Column メールの返信は早くすべき?

Chapter8 ここが大事!利益を出すための数字の見方
01 メーカーから来た見積書で利益が出るか精査する
02 海外送料について
03 関税と消費税を知って正しく利益計算しよう
04 管理帳簿を使って「売上」「在庫」「資金繰り」を一元管理する
05 商品の最低ロット数が多い場合はどうするか?
06 利益率が何%なら仕入れるか?
07 もらった見積りで利益が出ないときの交渉術
08 リピート発注について
Column 卸値交渉がうまくいくのはどっち?

Chapter9 月利100~200万円を達成させよう!
01 最も重要なことはメーカーと深く付き合い信頼関係を構築すること
02 長期的に付き合えるメーカーの見つけ方
03 リピートするメーカーに対する価格交渉
04 Amazonの販売者を限定化してもらうには?
05 商標権について
06 行き詰ったらどうする? 343
Column マインドができている人は成果を早く出せる

Chapter10 作業を外注化して自動で売上アップ!
01 作業を細分化して外注できる工程を探す
02 外注の流れと外注化募集依頼文のテンプレート文章
03 どんな外注さんを採用すべきか?
04 外注さんの報酬体系は?
05 外注さんへの依頼のコツと付き合い方
Column 単純転売を卒業して3ヶ月で月利50万円、その後月利135万円達成!

著者プロフィール

中村 裕紀  (ナカムラ ヒロノリ)  (著/文

Amazon物販ビジネスコンサルタント。
1984年生まれ。2021年現在37歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からAmazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後はメーカー取引一本で売上を立て、2015年に月利200万円を達成する。
現在は国内外のメーカーと取引を重ね、年商2億円に迫る勢いで成長している。
同時にAmazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、
月利30~200万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。
著書に『Amazon海外メーカー直取引完全ガイド』(standards)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。