版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
外国人まかせ  澤田晃宏(著) - サイゾー
.
詳細画像 0
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天|中|鍬谷   書店
文苑堂
直接取引: あり
返品の考え方: 返品は常時承ります。了解書が必要な場合は揖斐。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

外国人まかせ  (ガイコクジンマカセ) 失われた30年と技能実習生 (ウシナワレタサンジュウネントギノウジッシュウセイ)

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:サイゾー
四六判
縦188mm 横130mm 厚さ17mm
重さ 257g
256ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-86625-161-5   COPY
ISBN 13
9784866251615   COPY
ISBN 10h
4-86625-161-1   COPY
ISBN 10
4866251611   COPY
出版者記号
86625   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年11月
書店発売日
登録日
2022年10月7日
最終更新日
2022年11月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-01-14 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 関口威人(ジャーナリスト)
2022-12-18 産經新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

あなたも「奴隷」を使っている。

外国人が働く現場を徹底ルポ!
低賃金で退屈な仕事を外国人に押し付ける「人手不足の不都合な真実」と、彼らに見限られる日本の恐ろしき未来。

Amazonランキング第1位(外国人労働者部門、2022/10/21)『ルポ技能実習生』の続編。

深夜のコンビニのお弁当工場など、目につかない場所で働く外国人労働者たち。日本人の生活の根幹を支える彼らの姿と、「外国人まかせ」の労働現場の今を書く。

これが、外国人労働者に「依存」するニッポンの現実!

<目次>

序章 人手不足の不都合な真実
深夜のコンビニ惣菜工場/技能実習制度とは何なのか/実習生の大半は農村部の若者/「出稼ぎ国」の魅力が薄れる/留学生という名の労働者/失われた三〇年の始まりに外国 人/3K業界の人材確保に外国人/人手不足現場に協働ロボット/「奴隷」さえ来てくれない国になる

第一章 建設業――失踪が多発する「送り出し不可能職種」
日本人はすぐに辞めていきます/借金を抱えたまま帰国できない/失踪者コミュニティに 多数の求人票/元失踪者実習生の奪い合い/二〇一一年から八倍以上に増加/入れ墨も四〇歳でも大丈夫/金髪で入れ墨の社長/ウーバーイーツで荒稼ぎ/失踪する実習生の約半 数は建設関係/失踪の原因は実習生自身に/太陽光パネル設置で手取り三〇万円/実習生 は「安い労働者」ではない/「背中を見て覚えろ」が通用しない/災害大国の脆弱なインフラ/普通科高校の学生をターゲットに/国交省が掲げる新3K/現場監督はベトナム人

第二章 農業・漁業――高齢化で痩せ細る第一次産業
会社が大きくなったのは実習生のおかげ/農業従事者の約七割が六五歳以上/外国籍の人口割合が全国一位の村/コロナ下の入国制限と違法ブローカー/人材の産地間リレーが必要/紹介料は三〇万円から五〇万円/二か月もしない間に全員失踪/昔は日本人アルバイ トで乗り越えた/レタスが食べられなくなる日/牡蠣養殖従事者の約八割は外国人/二〇年前から日本人は集まらない/海のない町から来日する実習生/閑散期の手取り給与は四万円/変形労働時間制で総支給は四〇万円超え/仙台より北は人気がない

第三章 縫製業――ファストファッションの台頭で瀕死の業界
ゆで卵をポケットに入れて作業/国産衣料品の自給率は二%弱/ホワイト企業の加入しか認めない/労働搾取のないフェアトレードな商品/研修手当三万円。残業代は時給三〇〇円/YouTuberと協業する縫製会社/「特定技能」の対象職種から外れる理由/お金を腹巻に縫い付けて帰国/アイドルのコンサート衣装を担当/租税条約で住民税の支払いが不要/医療用ガウンの生産現場に実習生/一人当たり約一六〇万円の賃金未払い

第四章 介護――在留資格の乱立と留学生の急増
増える介護の専門学校生/新設された在留資格「介護」/介護福祉士国家試験に約八割が合格/進学前に就職先を決める/日本語が下手でも構わない/禁断の扉と「前職要件」/他業種の実習生が介護に押し寄せた/受け入れ施設の最多は「特養」/日本人より高い給料は払えない/介護職を進んで目指すミャンマー人/一〇年先を考え、ネパールに決めた/「遠い国から来てくれてありがとう」/人材獲得に動くドイツの実態

第五章 特定技能――地方の人手不足が加速する新制度の落とし穴
新潟のスーパーに五〇人の実習生/実習生は無試験で特定技能に移行/新潟に残った同期 はいません/地方の人手不足が加速する/盛んなジョブホッピング/「#岸田政権の退陣を求む」がトレンド入り/制度の見直しが始まる

[特別対談]特定技能「バックレ」で済ます危うい制度
山脇康嗣(弁護士)×吉水慈豊(NPO法人日越ともいき支援会代表)

終章 インベスト・イン・ドラえもん
派遣社員から実習生に切り替えた/失踪率が低いフィリピン人/インドネシア人の受け入れは断念/失われた四〇年に向けて走り出す/日本の高校生より実習生/企業は高卒採用をやめる/Z世代による外国人まかせの再生産

著者プロフィール

澤田晃宏  (サワダ アキヒロ)  (

1981年生まれ。兵庫県神戸市出身。ジャーナリスト。高校中退後、建設現場作業員、アダルト誌編集者、『週 刊SPA!』(扶桑社)編集者、『AERA』(朝日新聞出版)記者などを経て、進路多様校向け進路情報誌『高卒進路』記者、同誌発行元ハリアー研究所取締役社長、NPO法人進路指導代表理事。著書に『ルポ技能実習生』(ちくま新書)、『東京を捨てる コロナ移住のリアル』(中公新書ラクレ)などがある。Twitte〈@sawadaa078〉

上記内容は本書刊行時のものです。