版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アンサー 瓜田純士(著/文) - サイゾー
.
詳細画像 0

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|鍬谷|文苑堂
直接取引: あり
返品の考え方: 返品は常時承ります。了解書が必要な場合は揖斐。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784866251486

アンサー

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:サイゾー
四六判
価格 1,400円+税
ISBN
978-4-86625-148-6   COPY
ISBN 13
9784866251486   COPY
ISBN 10h
4-86625-148-4   COPY
ISBN 10
4866251484   COPY
出版者記号
86625   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年10月19日
最終更新日
2021年11月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

■プロローグより

同年代の大半が社会に出て、家庭を築き、良きパパになっていく年齢で俺は、
「○○がパクられた」
「あいつはまだ懲役だ」
といった話を平気でしていた。

そんな俺が、最愛の妻である麗子と出会うことで、少しずつ常識を身に付けていった。
自分の間違いに気付くたびに、1つ1つ修正していく。
心身を鍛えながら、自分のいた世界の「垢」を落としていった。
迷いがあれば、麗子になんでも打ち明けた。気付いたらいつも胸を張っていて、
何かに恐れることもなくなっていた。
最近じゃ、俺が元ヤクザであることを忘れている人もいる。

どうやって瓜田純士は、この「変化」を手に入れたのか。
この数年で何があったのか?
そんなことが、本書にはひたすら綴られている。

(瓜田純士/『アンサー』プロローグより抜粋)

■目次

第1章「衝突」
歌舞伎町時代/アウトサイダー/blogで関東連合と揉めごとに発展/YouTubeアウトロー抗争勃発

第2章「カネ」
金に臆病だ/ブレスレットを取られた/金の稼ぎ方がわからない/付き人やかばん持ち時代/金は最低限必要だ

第3章「家族」
親父のこと/お袋と兄貴/麗子と子どもたち

第4章「麗子」
価値観と倫理観/人を見る目/他人との距離/歌舞伎町出入り禁止/酒への逃亡/パニック発作(障害)

第5章「改造」
アル中とニコチン依存からの脱却/ウェイトトレーニングを始める/身の危険を感じさせる出来事/電子タバコを捨てる/瓜田に勝ったら10万円/ポジティブシンキング

第6章「YouTube」
『瓜田夫婦』の誕生/元祖「ぼったくりバーに凸してみた」は俺だ/プロファイリング/朝倉未来とのコラボ/「そのとき」に備える/新たな仲間たちと…

書き下ろし「月灯りに照らされて」

版元から一言

“顔面タトゥーの男”
歌舞伎町の元アウトローが
最低だった生き様を
最高の日々に変えるまで
-------------------------------------------------------------------------

懲役、土下座、精神病院、割腹自殺、刃傷沙汰……社会の“外側”でもがき、“底辺”から這い上がり続けてきた、キング・オブ・アウトローと呼ばれた男「瓜田純士」。

そんな彼が、ヒット作『遺書』『國殺』から6年の沈黙を破り綴った告白手記『アンサー』。

そこに描かれているのは、我々が知っていた瓜田の姿ではなかった。

暴力を捨て、妻を愛し、質素な生活をしつつ、YouTubeであらたな表現に挑戦し続ける……41歳になった男は、“顔面タトゥー”という強烈なビジュアルとは相反するも、
アウトロー時代より大きな魅力と鋭い感覚をまとっていたのだ。

瓜田純士が変わった――。
何が変わったのか? どうして変わったのか?

この本には、歌舞伎町を根城とした元アウトローが「最低だった生き様」を「最高の日々に変えるまで」の「アンサー」が詰め込まれている。

瓜田の言葉は、現在の生き方に鬱屈している人たちにとっても、
人生を大きく変えるための、ひとつの答えとなるだろう。

著者プロフィール

瓜田純士  (ウリタ ジュンシ)  (著/文

瓜田純士(うりた・じゅんし)
1979年、新宿歌舞伎町生まれ。父親は伝説の暴走族ブラックエンペラーの二代目総長。少年時代を不良として新宿や杉並区で過ごし、やがてヤクザへ。獄中で物書きに目覚め、出所後、作家に転身。総合格闘技大会『THEOUTSIDER』旗揚げ戦に参戦後、数々のスキャンダルが話題になる一方、関東連合と対立する友達を描いた『遺書』(太田出版)はベストセラーに。現在、YouTubeチャンネル『瓜田夫婦』は20万人近い登録者がいる。

上記内容は本書刊行時のものです。