版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
リーダーの悩みはすべて東洋思想で解決できる 中村 勝裕(著/文) - WAVE出版
..

書店員向け情報 HELP

リーダーの悩みはすべて東洋思想で解決できる (リーダーノナヤミハスベテトウヨウシソウデカイケツデキル)

ビジネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
256ページ
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-86621-449-8   COPY
ISBN 13
9784866214498   COPY
ISBN 10h
4-86621-449-X   COPY
ISBN 10
486621449X   COPY
出版者記号
86621   COPY
Cコード
C0034  
0:一般 0:単行本 34:経営
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年1月16日
最終更新日
2023年2月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「東洋思想」に学ぶ
しなやかで柔軟なリーダーシップ、視点を変えることで始まる「新しいマネジメント」

リーダーの仕事には「悩み」が尽きません。

「思うように部下が動いてくれない」
「丁寧に指導しているのに結果が出ない」
「思い切った決断できない」
「チームを率いる自信がない」 など……。

こうした悩みを乗り越えるにはどうすればいいのでしょうか?
そのヒントとなるのが、本書で提案している「東洋思想」です。

東洋思想とは、一言で表現するなら<視点の転換>と言えるかもしれません。
「矛盾を切り分けない」「物事をあらゆる角度から見る」「インスピレーションを重んじる」
こうした柔軟な思考を実践することによって、リーダーの問題は違った様相を見せ始めるのです。 
これまでのやり方に限界を感じているマネージャーの方々には意外なヒントが見つかるでしょう。
多様性と向き合うすべてのリーダーに、本書を捧げます

目次

----------------------------------------------
はじめに  

●序章 なぜ東洋思想がリーダーに必要なのか 

東洋思想の源流はインドにあり/古代中国の思想 ~儒教と道教~/「禅」は自分自身と対話すること/世界は単純に分けられない/世の中に「絶対」は存在しない/「犯人捜し」で組織の問題は解決しない/「あり方」は体験しないと変わらない/考えるのではなく感じる

●第1章 どのように人を動かすか

STORY 新リーダーのチーム改革  
力のマネジメントと思いやりのマネジメント/人は報酬や叱責では動かない/人への恩義は死ぬまでなくならない/「鬼滅の刃」お館様のリーダーシップ
東洋思想実践のコツ① 点と点をつないで星座をつくる  
あらゆる角度から相手を見る/タイ人マネージャーのパフォーマンスはなぜ下がったのか/人は理解することで変わる
東洋思想実践のコツ② 「変える」のではなく「加える」   
異なる考え方だからこそ価値がある/正誤ではなく違いと捉える
その後のストーリー  

【コラム】 プミポン国王の仏教的リーダーシップ 

●第2章 どのように人を育てるか  

STORY 「優秀すぎる」係長の人材育成  
教えすぎると人は育たなくなる/「部下が奏でたい音楽」を想像できるか/人を育てることで自分自身も成長する/海外勤務を経験したリーダーの成長/「色眼鏡」で相手を見ていないか/相手をもう一度見る「リ・スペクト」
東洋思想実践のコツ① 学び合う「しくみ」をつくる   
育成には向かない親子という関係
東洋思想実践のコツ② 上司が自ら成長する姿を示す   
今までの自分を捨ててアップデートする
その後のストーリー  

●第3章 問題社員をどう評価するか  

STORY ワンマン係長の暴走 
誤解されている「性悪説」/バリューとシステムのバランス/リーダーは「徳」のある者に/優秀でも規範は守らせる/「良い・悪い」は簡単には判断できない/善悪は「紙一重」のところで入れ替わる
東洋思想実践のコツ① 異なる2つの目で相手を見る 
温かく接しながら厳しく向き合う
東洋思想実践のコツ② 正面からフィードバックする 
リスクをとらないフィードバックに意味はない
その後のストーリー  

【コラム】 会社は家族かチームか? 

●第4章 別れをどう受け止めるか 

STORY 営業課に走った激震
終りと始まりは一体である/人が去ることで始まるものもある/今の自分は過去の自分の理想像/負の感情とどう向き合うか/過去に心を置いてきていないか/マイナスの感情は早めに捨てる
東洋思想実践のコツ① 別れの意味を「自問」する 
出会いの意味を問い直してみる
東洋思想実践のコツ② 柔軟性で相手を味方にする 
会いたくない人にこそ会いに行く
その後のストーリー  

【コラム】 日本人はなぜ卒業式で泣くのか?  

●第5章 どうすれば決断できるのか  

STORY 新規プロジェクトを覆う暗雲  
自分の心の声に耳を傾ける/矛盾を乗り越えて決断することの難しさ/矛盾を克服する「弁証法」という考え方/弁証法を東洋的に捉える/失敗の恐怖にどう打ち勝つか/大事なのは「全力」を出しているか
東洋思想実践のコツ① 「必勝の5つの心得」を確認する 
タイで起業した私の「5つの心得」
東洋思想実践のコツ② 「楽観と悲観」を計画とメンバーの中に織り交ぜる 
楽観と悲観のバランスが組織の命運を決める
その後のストーリー  

●第6章 どのように自信を取り戻すか 

STORY 名古屋への異動辞令  
孔子も報われない人生を歩んだ/人生の逆境でどう生きるか/苦境にいる人をまわりは見ている/「今に集中する」という禅の教え/「実現しなかった世界」のノイズを排除する/「自分の中の他人」を捨て去る/他人の喜びを自分の喜びと考える/他人を愛することは自分を愛すること
東洋思想実践のコツ① 軸となる価値観をつくる 
孟子が説いた3つの価値観/自分の「拠りどころ」を見つける/他人に惑わされず自分のスタイルを貫く
東洋思想実践のコツ② 運を呼び込むふるまいを意識する
大谷翔平の強運の秘密は?
エピローグ   

●終章 悩むからこそリーダーである

悟りのプロセスを表した「十牛図」/自分が「無」になるだけではいけない/リーダーが成長するための5つのステージ/悩むからこそリーダーである

おわりに

著者プロフィール

中村 勝裕  (ナカムラ カツヒロ)  (著/文

株式会社アジアン・アイデンティティー 代表取締役
Asian Identity CEO & Founder

愛知県常滑市生まれ。上智大学外国語学部ドイツ語学科卒業後、ネスレ日本株式会社、株式会社リンクアンドモチベーション、株式会社グロービス、GLOBIS ASIA PACIFICを経て、タイでAsian Identity Co., Ltd.を設立。現在は「アジア専門の人事コンサルティングファーム」としてタイ人メンバーと共に人材開発・組織開発プロジェクトに従事している。
また、タイにおいてビジネス教材『スースー!ピム! ~マンガで学ぶビジネスの6つの基本』を出版。YouTubeでは「名言ゆるラジオ」を運営している。2人の子の父であり、愛称はJack。

上記内容は本書刊行時のものです。