版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
そのまま食べる作りおき ベターホーム協会(編集 | 翻訳) - ベターホーム協会
.

そのまま食べる作りおき

B5判
112ページ
並製
価格 1,200円+税
ISBN
978-4-86586-033-7
Cコード
C0077
一般 単行本 家事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2017年9月
書店発売日
登録日
2017年7月20日
最終更新日
2017年8月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「冷蔵庫から出してすぐに」食卓に並べられるもの、「ちょっと温めるだけで」おいしいもの。“そのまま食べられる”作りおきおかずのレシピ集です。

■平日20分で作る、スピード作りおき

忙しい平日は、材料少なめ、短い時間でさっと作れるものを。すぐに作れて日もちはしっかり、「あと1品」というときにも安心のおかずです。

■作るを楽しむ、休日のてまひま作りおき

休日には、煮こみや揚げものなど、ちょっと腕まくりして作るものを。少し時間はかかりますが、作りおいておくと、平日がとてもラクです。

■アレンジOK!三度おいしい作りおき

そのまま食べてもおいしいおかずが、2つのアレンジで別のおかずや主食に変身!どれも手軽なアレンジで、新しいおいしさに出会えます。

<そのままでもおいしいわけ>

「日もちの工夫」…水分カット、抗菌食材を使う、味つけはしっかり濃いめ。
「冷たくてもおいしい」…くさみをしっかりとる、風味や味のアクセントをつける、味を
            よくからませる。
「時間がたつほどおいしい」…さめる過程で味がまろやかに、時間がたつにつれて味が
              しみこむ。

各レシピにポイントを記載。また、温め方や食べるときの工夫、保存期限のめやすも掲載。レシピだけでは分からない、コツがよく分かります。

目次

■平日20分で作る、スピード作りおき

とり肉とだいこんの煮もの/とり肉とごぼうの黒こしょう炒め/とりむね肉の白ワイン蒸し/ささみのわさび酢あえ/豚肉の和風カレー煮/野菜たっぷり酢豚風炒め/豚しゃぶとわかめの中華あえ/揚げ豚のエスニックソース/牛肉とたけのこのしぐれ煮/ねぎハンバーグ/ひき肉の油揚げロール/とりみそつくね/高菜そぼろ/さけの焼きびたし/さばの黒酢揚げ/わかさぎの南蛮漬け/いかとセロリのレモンマリネ/えびとマッシュルームのオイル煮/たこと大豆のマリネ/ほたてのエスカベージュ/さんま缶のトマト煮/ツナといんげんの落とし焼き/青菜のシンプルナムル/かぶのもずく酢/豆もやしのカレーマリネ/ごぼうの豆乳みそ煮/コールスロー/まいたけとわかめの炒めナムル/にんじんとねぎのザーサイあえ/キャベツとセロリのめんつゆあえ/なすのごま煮/だいこんのからしマヨ炒め/たけのこのかか煮/トマトのらっきょうドレッシング/塩炒めなます/ズッキーニの梅おかか/しいたけのみそマヨチーズ焼き/ししとうとじゃこのごまぽん炒め/かぼちゃの甘みそあえ/ジャーマンポテト/切り干しだいこんのナポリタン/カラフル野菜のスパニッシュオムレツ/クミンビーンズ/しらたきのピリ辛ぽん酢いり/のりのつくだ煮

■作るを楽しむ、休日のてまひま作りおき

筑前煮/韓国風甘辛チキン/とりレバーのソース煮/みそ煮豚と煮卵/白みその和風ポトフ/スペアリブのフライパン焼き/五目きんぴら/牛肉と野菜の赤ワイン煮/ロールキャベツ/ドライカレー/コーンのミートローフ/チリコンカン/肉だんごの黒酢あん/枝豆しゅうまい/2種の春巻き/えびのミニグラタン/いわしのしょうが煮/かんたんオイキムチ/夏野菜の揚げびたし/ラタトゥイユ/いろいろ野菜のピクルス/きゅうりの一本漬け/厚焼き卵/ひじきとおからのヘルシーナゲット/チーズのオイル漬け

■アレンジOK!三度おいしい作りおき

レモン風味の塩どり(塩どりの白あえ/塩どりのフォー)
ソースそぼろ(そぼろとにんじんのショートパスタ/そぼろの温玉サラダ)
えびと枝豆の小判焼き(小判焼きの和風サラダ/小判焼きの春雨スープ)
さんまのオイル煮(さんまとじゃがいものハーブグリル/さんまの梅だれ丼)
かんたんザワークラウト(ザワークラウトのさけちらし/ザワークラウトビーンズ)

前書きなど

忙しい毎日。時間のあるときに作っておける、「作りおき」のおかずがあれば、帰りが遅くなった夜も、忙しい朝も、手作りの味で、すぐに食卓を囲めます。
この本で紹介する「作りおき」は、冷蔵庫から出してすぐ、食卓に並べられるもの。ちょっと温めるだけで、おいしいもの。どれも“そのまま”食べられるおかずレシピです。
『平日20分で作る、スピード作りおき』は、短い時間でさっと作れるレシピを考えました。平日だから、夕食作りのついでに作れます。野菜を切ってあえるだけのレシピも。
『作るを楽しむ、休日のてまひま作りおき』は、時間に余裕のある休日に作るのがおすすめです。休日だから、時間をかけたからこそのおいしさがあります。材料を買いこんで作るレシピも。
『三度おいしい作りおき』は、そのまま食べてもおいしく、主食や別のおかずにもアレンジできるレシピ。“混ぜるだけ”“のせるだけ”など、手軽なアレンジのレシピを紹介しています。
日々の暮らしは、「同じ毎日のくり返し」ではありません。急な用事や家族の予定、気分や体調など、その時々によって変動します。
そんなときに、「作りおき」があるとほっと安心。「10分で作れるものを」「体が温まりそうな煮こみを作りおきたい」など、みなさんの毎日に合わせて、作りおきを役立ててください。

著者プロフィール

ベターホーム協会  (ベターホームキョウカイ)  (編集 | 翻訳

ベターホーム協会は1963年に創立。
「心豊かな質の高い暮らし」をめざし、日本の家庭料理や暮らしの知恵を、生活者の視点からお伝えしています。活動の中心である「ベターホームのお料理教室」は全国で開催。毎日の食事作りに役立つ調理の知恵や、健康に暮らすための知識などを、わかりやすく教えています。

上記内容は本書刊行時のものです。