版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
朝日新聞記者の書く力 真田正明(著/文) - さくら舎
..

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

9784865813562

朝日新聞記者の書く力 始め方、終わり方

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:さくら舎
四六判
240ページ
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-86581-356-2   COPY
ISBN 13
9784865813562   COPY
ISBN 10h
4-86581-356-X   COPY
ISBN 10
486581356X   COPY
出版者記号
86581   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年8月
書店発売日
登録日
2022年6月30日
最終更新日
2022年6月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「書く力」は書き出しと終わりの一文で決まる!

一文で人の印象は決まってしまう! 警察担当だった新人記者の時代にデスクの隣で鍛えられ、ようやく「書く」仕事を任されるようになった著者が、その後、「書ける」記者になり、社会部から外報部に移り、さらに人気コラム「素粒子」を担当するまでの一記者の「書いてきた歴史」を踏まえ、どうすれば、スムーズに書けるようになるかを段階を追って示す。

著者は言う、野球選手がボールを投げるときのことを思い描いてみてほしい、その一連の動作が「投げる力」。「書く力」も同様に基本動作を確認することで身につく、と。

書くことが気持ちよく、楽しくなる本!体験的で実践的な文章術!

目次

第一章 わかりやすく書くルール
第二章 個性が表れる文章に
第三章 気持ちを伝える書き方
第四章 書くときは五感を総動員
第五章 語感を磨く方法
第六章 季節感をアクセントに
第七章 変化球や裏技も使う
第八章 ユーモアのひとふりで一変
第九章 一期一会の文章

著者プロフィール

真田正明  (サナダマサアキ)  (著/文

1956年、大阪市に生まれる。京都大学文学部哲学科を卒業。1980年、朝日新聞入社。警視庁キャップ、プノンペン・ジャカルタ支局長、アジア総局長などを経て論説副主幹。2010年11月から2018年3月まで夕刊のコラム「素粒子」を担当。2021年に退社後、朝日カルチャーセンターで文章教室の講師を務める。
著書には『朝日新聞記者の200字文章術』(さくら舎)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。