版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
日本人のための日中韓興亡史 八幡和郎(著/文) - さくら舎
..

日本人のための日中韓興亡史

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:さくら舎
四六判
320ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-86581-291-6   COPY
ISBN 13
9784865812916   COPY
ISBN 10h
4-86581-291-1   COPY
ISBN 10
4865812911   COPY
出版者記号
86581   COPY
 
Cコード
C0020
一般 単行本 歴史総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年4月
書店発売日
登録日
2021年2月20日
最終更新日
2021年2月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

なぜ、日中韓はつねにギクシャクするのか!

現代の日本人にとって近くて遠い国、それが中国と韓国だ。近年、経済や外交、領土や歴史認識などの問題で、さまざまな摩擦・衝突が起きている。だが今後、東アジアは世界経済の中心のひとつになるとみられ、日中韓三国の歴史をきちんと理解することが欠かせない。日中韓の興亡史を三国並行スタイルで読む本書では、一国の歴史をタテに見ていくのではなく、ヨコのつながりで語るので、同時代的な理解が進む。

中国の中華思想に日本、韓国はどう対処したか。韓国のコウモリ外交はいつ始まったのか。地政学と深い絡み合いの歴史から見えてくる戦争・支配・友好の激動の三国史!言語から探る東アジアの諸民族、古代中国文明と古朝鮮、邪馬台国や『日本書紀』の読み解き方、漢民族の帝国である秦・漢から北方民族の影響を受けた隋・唐へ、中国に従属する道を歩んだ李氏朝鮮、激動の近現代史と、この1冊で日中韓の知られざる関係史がわかる!

目次

プロローグ 日中韓関係のはじまり
第1章 東アジアの諸民族はこうして生まれた
第2章 古代中国文明と漢民族の成立
第3章 日本と半島の統一国家成立と中国の多民族化
第4章 モンゴル帝国と中世の東アジア
第5章 西洋との出会いと日中韓の興亡
エピローグ 近現代の日中韓関係と世界

著者プロフィール

八幡和郎  (ヤワタカズオ)  (著/文

1951年、滋賀県大津市に生まれる。東京大学法学部を卒業後、1975年、通商産業省入省。入省後官費留学生としてフランス国立行政学院(ENA)に留学。北西アジア課長(南北朝鮮担当)、大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任し。1997年退官。2004年より徳島文理大学大学院教授を務めるかたわら、作家、評論家として活躍中。
著書には『世界と日本がわかる最強の世界史』『日本と世界がわかる最強の日本史』『歴史の定説100の嘘と誤解』(以上、扶桑社新書)、『「領土」の世界史』(祥伝社新書)、『誤解だらけの韓国史の真実』『本当は分裂は避けられない!? 中国の歴史』(以上、イースト新書)、『令和日本史記』(ワニブックス)、『365日でわかる世界史 世界200カ国の歴史を「読む事典」』(清談社Publico)、『日本人のための英仏独三国志』(さくら舎)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。