版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
低い月、高い月 津川 廣行(著/文) - 藤原書店
..
詳細画像 0 詳細画像 1
【利用不可】

低い月、高い月 (ヒクイツキタカイツキ) 月の文学、物理の月 (ツキノブンガクブツリノツキ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:藤原書店
46
368ページ
定価 2,700円+税
ISBN
978-4-86578-399-5   COPY
ISBN 13
9784865783995   COPY
ISBN 10h
4-86578-399-7   COPY
ISBN 10
4865783997   COPY
出版者記号
86578   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年9月30日
書店発売日
登録日
2023年8月25日
最終更新日
2023年12月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

人間にとって“月”とは。物理的存在であり、文学的存在の“月”に迫る。
萩原朔太郎、和辻哲郎、横光利一、松尾芭蕉、高浜虚子……神話・民話から詩歌、小説と、数え切れない文学作品で“月”は語られてきた。空に浮かぶ遠い存在として、夜道を照らす明かりとして、真昼の淡く白い天体として。「一月(ひとつき)」をもたらして満ち欠けし運動する地球唯一の衛星が、人間の感情にどのようにはたらきかけてきたのか、自らの“月”体験と重ねつつ迫る労作。

上記内容は本書刊行時のものです。