版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
笑う桐野夏生 鈴村 和成(著) - 言視舎
.

笑う桐野夏生 悪を書く作家群

発行:言視舎
四六判
縦188mm 横130mm 厚さ14mm
重さ 247g
192ページ
並製
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-86565-181-2
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年6月30日
書店発売日
登録日
2020年5月12日
最終更新日
2020年6月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『テロの文学史』で現代文学のエッジな領域を渉猟した著者が、さらなる衝撃の追尋を開始する。桐野夏生、中村文則、平野啓一郎、西加奈子、吉田修一、村上春樹……
<悪>に魅入られたかのように次々と生み出される現代日本の小説群は、解読されることを欲している。エンタメ/純文学というジャンルを超えて、共振するエクリチュールは、谷崎潤一郎、三島由紀夫、金子光晴、ロラン・バルトといった作家を巻き込み、カルト、ジェンダー、ホラー、幽体、笑いなどのテーマを呼び寄せる。文学を読み、考える「楽しみ」を拡張する意欲作。

目次

序◆笑いとマスク 
1◆桐野夏生―『メタボラ』『夜の谷を行く』『バラカ』『抱く女』など
2◆中村文則―『私の消滅』
3◆平野啓一郎―『ある男』
4◆桐野―『OUT』『ダーク』など
5◆桐野―『優しいおとな』『路上のX』など
6◆桐野―『魂萌え!』
10◆桐野―『ナニカアル』
11◆金子光晴―『マレーの感傷』
13◆西加奈子―刺青とジェンダー
14◆ロラン・バルト―『テクストの楽しみ』
15◆吉田修一―変容するアンドロギュヌス
16◆桐野―『柔らかな頬』『I’m sorry mama.』『猿の見る夢』など
結語◆サバイブするヒーロー/ヒロイン 

前書きなど

桐野夏生、中村文則、平野啓一郎、西加奈子、吉田修一、村上春樹……。<悪>に魅入られたかのように次々と生み出される現代日本の小説群は、解読されることを欲している

版元から一言

文学を読み、考える「楽しみ」を拡張する意欲作

著者プロフィール

鈴村 和成  (スズムラ カズナリ)  (

評論家、詩人。ランボー、村上春樹論等で活躍。2009年『ランボーとアフリカの8枚の写真』など一連の紀行により藤村記念歴程賞受賞。
『ゆるゆる人生の歩き方 金子光晴の名言から』(言視舎) 『テロの文学史』(太田出版)ほか著書多数。

上記内容は本書刊行時のものです。