版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
パヴァロッティとぼく エドウィン・ティノコ(著) - アルテスパブリッシング
.

パヴァロッティとぼく アシスタント「ティノ」が語るマエストロ最後の日々
原書: Pavarotti ed io - Vita di Big Luciano - raccontata dal suo assistente personale

四六判
328ページ
上製
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-86559-220-7
Cコード
C1073
教養 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年9月30日
書店発売日
登録日
2020年8月24日
最終更新日
2020年9月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「神様から息子は授からなかったけれど、君はぼくの息子だ」
孤独なオペラ王と若きアシスタントの心あたたまる物語。

「ぼくのために働かないか」
ペルーの5つ星ホテルで働く青年ティノ。
それまでオペラを聴いたこともなかったホテルボーイに声をかけたのは、
世界一のテノール歌手だった──。

何十個ものスーツケースに詰め込んだ
タキシードとアロハシャツと食料と調理器具、
プライベートジェットでめぐる世界ツアー、
熱狂する聴衆と国家元首も参加するガラ・ディナー、
豪邸と別荘、花火まで打ち上げるパーティ、
度重なる手術と再起への飽くなき願望……。

「神に祝福された声」をもつ不世出の歌手ルチアーノ・パヴァロッティ(1935–2007)。
若くから数多くの伝説を生んだオペラの舞台に飽き足らず、
プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスとの「三大テノール」公演、
ライザ・ミネリ、ボノ、エリック・クラプトンらポップスターたちとの共演でスタジアムを埋め尽くす聴衆を熱狂させ、
巨大なショービジネスの頂点に君臨した彼は、
晩年、深い孤独、醜聞に飢えたマスメディアの攻撃、そして絶え間ない身体の不調に苦しみながら、
ファンを喜ばせること、ファンに音楽の素晴らしさを伝えることに生命を燃やした。

「ファンこそぼくの人生の一部なんだ。もしいなくなったら心配になるじゃないか」

本書は、パヴァロッティが亡くなるまでの13年間、
もっとも信頼し、そば近くに置いて心を通わせた「最後のアシスタント」による回想録。
潑剌としてみずみずしいユーモアあふれる文体から、素顔のパヴァロッティの人間的魅力が伝わってくる。

目次

 序曲 Ouverture

リハーサル Le prove

 1 出会い
 2 パヴァロッティ以前
 3 パヴァロッティがリマに来た
 4 初めて見るコンサート
 5 旅立ち

第一幕 Atto primo

 6 パヴァロッティのもとへ
 7 熱狂のリオ
 8 アマゾンからニューヨークへ
 9 ニューヨークの日々
 10 ブエノスアイレスでの乾杯
 11 コロンビアの歓迎
 12 ジャマイカの風
 13 METの初日
 14 ロンドンの『仮面舞踏会』
 15 メラーノでダイエット
 16 ロンドンの楽屋で
 17 マイ・ウェイ
 間奏曲 Intermezzo
 18 パヴァロッティの友達
 19 離婚

第二幕 Atto secondo

 20 エリック・クラプトン
 21 東京のペンネ・アラビアータ
 間奏曲 Intermezzo
 22 レディDの死
 23 ピースメッセンジャー
 24 膝の手術
 25 ペーザロでのリハビリ
 26 生き返ったパヴァロッティ
 間奏曲 Intermezzo
 27 同窓生
 28 ぼくの太陽
 29 逃亡者
 30 サプライズ
 31 ラッキーのお返し
 32 母親との別れ
 間奏曲 Intermezzo
 33 METスキャンダル
 34 父親の死
 35 引退発表
 36 モデナの鐘楼
 37 喜びと悲しみと
 38 新しい家族
 39 結婚式のトランプ
 40 パナマ帽
 41 さよならツアー
 42 招かれざる客
 43 七〇歳のバースデイ
 44 トリノ・オリンピック開会式

第三幕 Ultimo atto

 45 最後のヴァカンス
 46 脊椎の手術
 47 希望
 48 冷酷な知らせ
 49 イタリア帰郷
 50 生きることへの熱意
 51 思いがけないお祝い
 52 家族
 53 グラニータ
 54 別れ
 幕 Sipario

 〈パヴァロッティのアシスタントの覚え書き〉
 日本語監修者あとがき
 訳者あとがき

前書きなど

訳者あとがき

 パヴァロッティといえば誰もが知るオペラ界のスーパースターだ。彼がどれほど偉大な歌手であったかについては専門家にお任せするとして、ここでは一介のオペラ・ファンがどのようにして本書の著者のティノと出会い、なぜこの本を紹介したいと思ったかを記しておきたい。
 本書『パヴァロッティとぼく──アシスタント「ティノ」が語るマエストロ最後の日々』(原題はPavarotti ed io ― Vita di Big Luciano ― raccontata dal suo assistente personale)はパヴァロッティの没後一〇年の二〇一七年にイタリアで出版された。著者エドウィン・ティノコ(Edwin Tinoco[ティノTino])の名を知る人はほとんどいないだろう。彼はペルーの五つ星ホテルで働いていた一九九五年に客として訪れたパヴァロッティに出会い、その後二〇〇七年にパヴァロッティが亡くなるまでの一三年間、パヴァロッティが世界中どこへ行くときも、パーソナル・アシスタントとして常に付き添っていた青年だ。本書は、もっとも近くにいてもっとも献身的に仕えてきた人物によって、偉大なマエストロへのオマージュとして書かれた、素顔のパヴァロッティの物語である。
 世界中をとりこにした歌手の人生の終盤は、三四歳も年下の女性との再婚や子どもの誕生、引退、闘病と波乱に満ちていたが、ティノはその晩年を知る貴重な存在である。パヴァロッティがどれほどティノを信頼していたかは、亡くなる間際のこの言葉に表れている。
 「どんなときにもけっして離れずについてきてくれてありがとう。君のことは息子のように思っていたのだよ。神様から息子は授からなかったけれど、君はぼくの息子だ」。最後にパヴァロッティがティノに伝えたのは、感謝と愛の言葉だった。
 私がティノと初めて会ったのは二三年前のことだった。パヴァロッティの熱烈なファンだった友人が、プライベート・アシスタントと知り合いになったから、パヴァロッティの夏の別荘のあるペーザロに行けばパヴァロッティに会えるかもしれないというので、私は彼女のお伴で出かけたのだった。ペーザロは毎夏ロッシーニ音楽祭が開かれる美しい海辺の街である。浜辺から見上げると、ひまわりの咲く丘の上にその別荘があった。あいにくそのときの別荘には元イギリス王室のゲストが訪れていたため、パヴァロッティとの面会は叶わなかったが、そのアシスタントがティノだった。
 初めて会ったティノは、誠実そうな青年というのが第一印象だった。ティノのはからいで、その後の来日公演では楽屋でパヴァロッティに会えるという幸運にも恵まれた。二〇〇七年の夏にペーザロに行ったときは、療養中だったパヴァロッティの様子を聞くと、ティノはだいじょうぶ、よくなっているよと答えてくれた。しかしそのときすでに余命宣告を受けていたことを、本書であとから知った。
 パヴァロッティが亡くなったあと、二〇一七年になってティノが本を出版したことを知り、さっそく手に入れて読んだ。数々のエピソードからは、パヴァロッティがまるで目の前にいるかのように生き生きと感じられて、どのページにもティノのパヴァロッティに対する愛と尊敬があふれていた。私はこの本を日本で紹介することができたら、すばらしいオペラの世界への扉を開いてくれたパヴァロッティや、いつも心にかけてくれたティノにもささやかな恩返しができるのではないかと思った。この本をとおして、パヴァロッティの晩年の真の姿を知り、その人間的魅力を再発見していただければ幸いである。

著者プロフィール

エドウィン・ティノコ  (エドウィン ティノコ)  (

ペルー・カハマルカ生まれ。ペルーの首都リマの5つ星ホテル「ラス・アメリカス」で客室担当係として働いていた1995年(当時28歳)にルチアーノ・パヴァロッティに出会い、パヴァロッティが亡くなる2007年までの13年間、パーソナル・アシスタントを務める。現在はインターナショナル・オペラ・マネージメント代表。パヴァロッティの没後10年となる2017年に本書Pavarotti ed io ― Vita di Big Luciano ― raccontata dal suo assistente personaleを出版した。

楢林 麗子  (ナラバヤシ レイコ)  (

上智大学外国語学部フランス語学科卒。
「三大テノール」をきっかけにオペラに興味を持つ。イタリア・オペラのビデオやDVDを150本以上鑑賞。これまでに聴いたオペラやコンサートは、ミラノをはじめイタリア各地、ニューヨーク、パリなどの海外公演約30回、国内公演約90回。
好きな言葉は「Never too late(なにごとも遅すぎることはない)」。50歳からイタリア語を学び始め、本書が初の翻訳書となる。

小畑 恒夫  (オバタ ツネオ)  (日本語版監修

1952年大阪生まれ。昭和音楽大学名誉教授。
主な研究分野はオペラ史、イタリア・オペラ歌唱史。著書に『作曲家・人と作品 ヴェルディ』(音楽之友社)、『ヴェルディのプリマ・ドンナたち──ヒロインから知るオペラ全26作品』(水曜社)、訳書にタロッツィ『評伝ヴェルディ』(草思社)、ニコラーオ『ロッシーニ 仮面の男』(音楽之友社)などがある。
現在、日本ヴェルディ協会理事長、『レコード芸術』(音楽之友社)のオペラおよびビデオ・ディスクの新譜月評を担当。

上記内容は本書刊行時のものです。