版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
肉食の哲学 ドミニク・レステル(著/文) - 左右社
.

肉食の哲学
原書: Apologie du carnivore

発行:左右社
四六判
172ページ
上製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-86528-279-5
Cコード
C0010
一般 単行本 哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年6月30日
書店発売日
登録日
2020年6月26日
最終更新日
2020年7月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

肉食は私たちの〈原罪〉なのか? 過激化するベジタリアン(ビーガン)の論理の危うさを暴き、カニバリズムや人工肉の哲学的意味の議論を通じ、「肉食は我々の義務である」と語る刺激的な哲学エッセイ。動物行動学から哲学へと横断する注目の著者ドミニク・レステルの初邦訳。

著者は語る。
「菜食主義とは、我が身を神になぞらえる人間の思い上がりである。そこには動物への愛など存在しない──。」
肉食は残酷だ、タンパク質は動物から摂らなくても十分だ……。
食肉加工場の襲撃など、テロリズムにまで過激化するビーガンの主張に、
どことなくいかがわしいものを感じるのはなぜだろうか。

人工肉や臓器移植、植物の知性、遺伝子組み換え、動物解放論など、
菜食主義をめぐるさまざまなトピックスに触れながら、
この世界で私たち人間とはいかなる存在なのか、自在に論じる注目の1冊。

目次

アペリティフに代えて
アミューズ 倫理的ベジタリアンをどのように捉えるか
オードブル ベジタリアン実践小史 一皿目のメインディッシュ
二皿目のメインディッシュ 肉食者の倫理
デザートに代えて
日本語版へのあとがき
訳者あとがき

著者プロフィール

ドミニク・レステル  (ドミニク レステル)  (著/文

1961年生まれ。哲学者、動物行動学者。動物行動学を起点に人間と動物や機械の関係について論じている。主な著書に『動物性 ヒトという身分に関する試論』(L’Animalité: Essai sur le statut de l’humain, 1996)、『文化の動物的起源』(Les Origines animales de la culture, 2001)、『ヒトは何の役に立つのか』(À quoi sert l’homme?, 2015)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。