版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
中国現代美術の道 潘 公凱(著/文) - 左右社
.

中国現代美術の道

発行:左右社
四六判
並製
価格 12,000円+税
ISBN
978-4-86528-278-8
Cコード
C0070
一般 単行本 芸術総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年7月30日
書店発売日
登録日
2020年7月29日
最終更新日
2020年8月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

近現代中国美術の歴史とは、西洋に刺激され、翻弄されながらも、
独自の発展を遂げてゆく、紆余曲折に満ちた歩みだった──。

宣教師たちによって細々ともたらされてきた西洋画と、
独自の発展深化を遂げてきた中国画の成熟。
そして、通俗美術の分野から次第に広がってゆく西洋絵画の技術、
徐々に広く、深くなってゆく西洋とのヒト・モノのコミュニケーション。

こうした世情を背景に、アヘン戦争からはじまった西洋近代との衝撃的な出会いは、
中国画の伝統を否定すべきか否か、来るべき近代の中国画はいかにあるべきか、
激しい論争とさまざまな活動を一挙に引き起こしてゆく。
中西の融合を唱えた嶺南画派、フランスにモダニズムを学んだ林風眠や劉海粟ら、
中国画の伝統の保護と更新を主張した黄賓虹と潘天壽──。

さらに、日中戦争から中華人民共和国建国へと展開する民族的危機を経て、
文化大革命、改革開放、グローバリゼーションの今日に至るまで、
中国の美術は、国家や人民にとっていかにあるべきか、という問いにも晒されてきた。
リアリズムとロマン主義の融合した革命絵画の勃興と、地方への写生運動、
その後の中国のアートの発火点となった「85美術新潮」──。

「中国にとって近代とは何か?」
国民的画家潘天壽を父に持ち、中央美術院院長などを歴任し、
みずからも現代中国水墨画を代表する作家である潘公凱が、
この大きな問いのもと堂々と描き出す大作。

目次

中国の現代美術とは何か? (序文に代えて)
序論 〈自覚〉と〈四大主義〉 近代的反省に基づく芸術史

第一部 一八四〇─一九一九
 第一章 中国近代美術の生存環境
 第二章 〈西洋画の東漸〉と近代都市における通俗美術の興起
 第三章 近代中国絵画の自律的発展
 第四章 問題の検討
第二部 一九一九─一九四九
 第一章 中国近代美術の始まり
 第二章 中国画の近代転換における自覚的選択
 第三章 近代美術教育制度の移植と生成
 第四章 西洋画東漸中の自覚的移植
 第五章 〈大衆主義〉美術
 第六章 問題の検討
第三部 一九四九─一九七六
 第一章 「最も新しく最も美しい図画」を描く
 第二章 伝統主線の断裂と中国画の改造
 第三章 「油絵民族化」とロシア・ソ連美術の導入
 第四章 美術大衆化の全面的展開
 第五章 「文革美術」〈大衆主義〉美術の過激化した表現
 第六章 問題の検討
第四部 一九七六─二〇〇〇
 第一章 改革解放と思想の解放
 第二章 「八五美術新潮」と活気ある多元的状況
 第三章 現代的コンテクストの下での世紀末の潜伏
 第四章 問題の探求

結び

後記/主要参考文献

著者プロフィール

潘 公凱  (ハン コウガイ)  (著/文

一九四七年杭州生まれ。画家、学者、教育者。中国美術学院、ならびに中央美術院の学長を歴任、それぞれの発展に主導的な役割を果たした。二〇世紀中国画の四大家のひとり潘天壽を父に持ち、自らも伝統的な中国画を踏まえた水墨画家であると同時に、建築やインスタレーションも手がける。

楊 冰  (ヨウ ヒョウ)  (監修 | 編集

一九七六年生まれ。文学博士。中国美学芸術学研究。大阪府立大学非常勤講師、客員研究員。近年の主な論文「中国美学における詩の心(境界)―明治期日本の中国思想研究による影響を中心に」、「詩の「無我の境」―陶淵明の「飲酒五」と元好問の「穎亭留別」等。[序論、第一部、第二部、第三部]

佐々木 玄太郎  (ササキ ゲンタロウ)  (監修 | 編集

一九八八年生まれ。熊本市現代美術館学芸員。主な専門は中国の現代美術。代表的な企画展覧会に「魔都の鼓動上海現代アートシーンのダイナミズム」(二〇一八年、熊本市現代美術館)など。[第四部、結び、ならびに翻訳補助]

石井 理  (イシイ サトル)  (翻訳

一九八二年生まれ。関心領域は二〇世紀初頭における中国伝統音楽文化。教育クリエイターとして「まなびのクリエイト」(manabino-create.com)を運営。[第一部]

高宮 紀子  (タカミヤ ノリコ)  (翻訳

早稲田大学文学部中国語中国文学コース卒業、中国現代美術を専攻。「ヴェネツィアビエンナーレ作品紛失事件中国現代アートと海外との接続をめぐって」(中国同時代文化研究、第七号)などがある。徐冰研究。中国現代アートシーンの発展過程にも興味がある。[第四部]

庚 地  (コウ チ)  (翻訳

一九八五年生まれ。翻訳家、通訳者、マンガ講師。ニュースの翻訳や論文翻訳などを手掛けるかたわら、マンガ制作も行っている。関心領域はサブカルチャー、映像と絵画の関係性、作劇など。[序論、第二部、第三部、結び]

上記内容は本書刊行時のものです。