版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
人間発達論 住田 正樹(著/文) - 左右社
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

不明

取引情報

直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784865280579

人間発達論

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:左右社
B6判
332ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-86528-057-9   COPY
ISBN 13
9784865280579   COPY
ISBN 10h
4-86528-057-X   COPY
ISBN 10
486528057X   COPY
出版者記号
86528   COPY
Cコード
C0337  
0:一般 3:全集・双書 37:教育
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年12月20日
書店発売日
登録日
2021年11月9日
最終更新日
2021年11月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

私たちは生涯、発達し続けながら生きている。
親子関係のなかに自我を育む幼少期、学校や先生、仲間と出会う子ども時代、
職業や配偶者の選択など決断を重ねながら自分らしい人生を重ねてゆく青年時代、
そしてさまざまな道のりで老いてゆく老年期。
社会をつくり、社会のなかで変わり続けながら生きていく私たちのすがたを最新の調査分析でみる。

今日、家庭は労働からの慰撫を求める休息の場となり、親は子どもへのしつけを喪失し、
私生活の重視は学校の役割に、大きな影響を与えるようになっている。
男女の出会いの変化は、子育てと仕事のあいだの男女の意識に緩やかに影響している。
人間が成長とともに選択し、適応しながら生きてゆく社会環境。
それ自体が時代とともに大きく変わってゆくようすをも丁寧にたどる一冊。

目次

第一章 ヒトから人間へ 社会的人間の形成
第二章 自我のめばえ 言語の獲得と自我の形成
第三章 家族から仲間、そして学校へ 子どもの社会的世界
第四章 自己の探索 アイデンティティの形成
第五章 人生の決断 職業と配偶者の選択
第六章 職業キャリアの形成 組織における役割
第七章 親になる過程 家庭的役割の形成
第八章 高齢者となること 定年後の生活変化
第九章 老化・病気・死 人間の社会的終焉
あとがき

著者プロフィール

住田 正樹  (スミダ マサキ)  (著/文

博士(教育学)。1944年兵庫県生まれ。教育社会学、発達社会学。放送大学名誉教授、九州大学名誉教授。
主な著書に『子どもの仲間集団と地域社会』『子どもの仲間集団の研究』『地域社会と教育』『子ども社会学の現在』、編著や訳書に『子どもたちの「居場所」と対人的世界の現在』(共編著)『教育社会学』(共編訳)『リトルリーグの社会学』(監訳)『ピア・パワー』(監訳)『子どもへの現代的視点』(共編著)『子どもと家族』(編著)『子どもと地域社会』(編著)『子どもの発達社会学』(共編著)『家庭教育論』(編著)『変動社会と子どもの発達』(共編著)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。