版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
長い終戦 コンペル ラドミール(著/文) - 成文社
..

長い終戦 戦後初期の沖縄分離をめぐる行政過程

発行:成文社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ25mm
重さ 550g
320ページ
定価 5,600円+税
ISBN
9784865200478
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年2月28日
書店発売日
登録日
2020年2月7日
最終更新日
2020年2月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

太平洋戦争の戦火は終息した、しかしそれは戦争の終結とはならなかった。沖縄と奄美は、紆余曲折の過程を辿った末、日本本土から切り離された。いったい何が沖縄の終戦と太平洋戦争の終結を結び付け、戦争の幕引きを長引かせたのか。本書では「降伏をめぐるプロセス」と「沖縄の行政分離に至るプロセス」の二つのプロセスに注目して、その過程を見ていく。戦後からいまに至るまで続いている沖縄の問題に、戦後初期の日米の資料を多角的、多面的に解明することで迫っていく。

目次

はじめに
第1章 本書の課題と構成
1 序/2 日本と沖縄における戦争の終結 /3 終戦過程の戦後への連続(米国の場合)/4 終戦過程の戦後への連続(日本の場合)/5 沖縄の日本からの分離/6 本書の構成
第2章 原点としての沖縄戦
1 序/2 沖縄戦への道/3 作戦構想としての沖縄戦の準備/4 戦術としての沖縄戦(南部撤退の諸問題)/5 北緯三〇度線の誕生/6 小結
第3章 降伏
1 序/2 日本側の「終戦」過程/3 米側にできた「奇妙」な境界/4 降伏境界線の画定/5 日米間の「終戦観」と辺境における交渉の難航/6 軍政の分岐点/7 ポツダム宣言と北緯三〇度線/8 小結
第4章 急がれた基地建設
1 序/2 米国の戦後軍事政策および戦略/3 基地拡大政策の制約/4 沖縄における基地建設のラッシュ/5 小結
第5章 米軍の動員解除
1 序/2 動員解除の準備/3 動員解除の展開/4 太平洋における動員解除の危機/5 小結
第6章 引揚げ
1 序/2 占領の軍事的性格と引揚げの初期段階/3 早期の武装解除と引揚げ/4 連合国の事実上の政策変更/5 連合国による「非日本人」の確定/6 海軍軍政府の管轄圏域の拡大/7 小結
第7章 選挙
1 序/2 急がれる選挙/3 終戦連絡中央事務局の困惑/4 周辺諸島における選挙の問題/5 選挙問題から領土問題へ/6 ことばの力/7 小結
第8章 沖縄の分離過程
1 序/2 領土分離の初期の兆候/3 選挙実施領域の解決策/4 行政分離による決着/5 分離後の日本と沖縄/6 分離後の領土再編/7 小結
第9章 結論
1 序/2 終戦が降伏で終わらなかった理由/3 終戦が戦後に連続した理由(米国の場合)/4 終戦が戦後に連続した理由(日本の場合)/5 結
あとがき
註/参考文献/索引

著者プロフィール

コンペル ラドミール  (コンペルラドミール)  (著/文

チェコスロヴァキア出身(チェコとスロヴァキアの双方で育つ)。横浜国立大学国際社会科学研究科博士課程修了、博士(国際経済法学)。現在、長崎大学多文化社会学部准教授。専門は比較政治学。主要著作・編著・論文に『芦田均日記一九〇五~一九四五』(第5巻=解題及び人名録、柏書房、共著)。主要論文・編著にGuns and Roses: Comparative Civil-Military Relations in the Changing Security Environment. New York: Palgrave Macmillan 2019.(共編著)、Palgrave Handbook of Ethnicity. New York, NY: Palgrave Macmillan, 2019.(共編著)、「太平洋戦争における「終戦」の過程―沖縄統治の形態と範囲をめぐる軍事と行政の相克」『横浜国際経済法学』18(3)、2010年3月、75-112頁、「日本国憲法の制定と沖縄の関連性」『横浜国際経済法学』21(3)、2015年3月、323-352頁などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。