版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ブロニスワフ・ピウスツキ伝 沢田和彦(著/文) - 成文社
..

ブロニスワフ・ピウスツキ伝 〈アイヌ王〉と呼ばれたポーランド人

発行:成文社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ30mm
重さ 680g
400ページ
定価 4,000円+税
ISBN
9784865200409
Cコード
C0023
一般 単行本 伝記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年12月24日
書店発売日
登録日
2019年12月1日
最終更新日
2019年12月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ロシア領リトアニアのポーランド貴族の家に生まれたピウスツキは、ペテルブルグ大学へ進学するも、皇帝暗殺未遂事件に連座してサハリン島へ流刑。そこで彼はギリヤークとアイヌの調査に従事し、アイヌ女性との間に二児をもうける。その後訪れた日本での多彩な人々との交わりは、我々に明治日本の面影を生き生きと伝えてくれる。過酷な運命を生きた巨人の生涯を、近代史を彩る珠玉のような事柄とともに描く、本邦初の本格的評伝。

目次

序 章
第一章 リトアニアの幼・少年時代
第二章 ペテルブルグ遊学と皇帝暗殺未遂事件
第三章 サハリン島流刑
第四章 ウラジオストク時代
第五章 サハリン島調査Ⅰ
第六章 北海道調査旅行
第七章 サハリン島調査Ⅱ
第八章 ロシア極東再訪
第九章 日本滞在
第十章 ピウスツキの観た日本と日本人
第十一章 太平洋、アメリカ横断
第十二章 ガリツィア時代
第十三章 二葉亭四迷のペテルブルグ行
第十四章 ヨーロッパ遍歴と死
終 章 その後のアイヌ家族
あとがき
参考文献
略年譜
人名索引

著者プロフィール

沢田和彦  (サワダカズヒコ)  (著/文

1953年大阪府生まれ。大阪外国語大学ロシア語学科卒業。早稲田大学大学院文学研究科ロシア文学専攻博士後期課程修了。博士(文学)。新潟大学人文学部助手、埼玉大学教養部講師、同助教授、教養学部教授を経て、現在、埼玉大学名誉教授。著書に『白系ロシア人と日本文化』(成文社)、『日露交流都市物語』(成文社)、編訳書に『埼玉大学教養学部 リベラル・アーツ叢書9 日本在留のロシア人 「極秘」文書』(埼玉大学教養学部・人文社会科学研究科)、共編著・共著に『異郷に生きる―来日ロシア人の足跡』シリーズ全6巻(成文社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。