版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
絵画の運命 柴崎信三(著/文) - 幻戯書房
..
詳細画像 0

絵画の運命 美しきもの見し人は

発行:幻戯書房
四六判
256ページ
定価 2,800円+税
ISBN
9784864881944
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年3月27日
書店発売日
登録日
2020年2月19日
最終更新日
2020年3月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

政治や経済、そして戦争における権謀に巻き込まれて国境を越え、流転を重ねた傑作がある。その、カンバスの裏に隠された履歴を追う。
モデル、モチーフ、時代背景、保護、競売のシステム、メディアの批評など、「美」を取り巻く人々の眼差しがつくった「歴史」。

目次

プロローグ―美はしきもの見し人は 

1 〈流転〉の物語

皇帝溥儀の追放と禁断の名画の帰還―顧閎中『韓煕載夜宴図』
蘇る少年―D・ティントレット『伊東マンショの肖像』
白樺派とバブル期を結ぶ神話―ゴッホ『医師ガシェの肖像』と『ひまわり』
江戸の出版統制と蒐集家フリーア―喜多川歌麿の雪月花
世紀転換期とナチス占領下のウィーン―クリムト『アデーレ・ブロッホ=バウワーの肖像Ⅰ』 
富士という「心」―横山大観『龍躍る』
亡命した聖画―パブロ・ピカソ『ゲルニカ』
洲之内コレクションと戦争の影―海老原喜之助『ポアソニエール』

2 〈人生〉の物語

宮廷画家が欲した徴―ベラスケス『ラス・メニーナス』
二十一世紀の御真影―野田弘志「平成の天皇と皇后の肖像」
三島由紀夫が愛した戦後の迷宮―J・A・ヴァトー『シテール島への船出』
トランプのアメリカを捉えた眼差し―テオドール・シャセリオー『アレクシ・ド・トクヴィル』
画家の逃走劇―カラヴァッジョ『聖マタイの召命』
漱石が讃えた不遇の夭折画家―青木繁『わだつみのいろこの宮』
晩節に蘇った記憶―久隅守景『夕顔棚納涼図屛風』
対岸の青春が映した一葉の哀しみ―鏑木清方『築地明石町』

エピローグ―諜報戦と絵画

著者プロフィール

柴崎信三  (シバサキシンゾウ)  (著/文

ジャーナリスト。1946年、東京生まれ。1969年、慶応義塾大学法学部政治学科卒業、日本経済新聞社入社。社会部記者、同部次長、文化部長等を経て編集委員兼論説委員。2007年の退社後は獨協大学、白百合女子大学、文化学園大学でメディア、文化、情報社会等を教える。著書に『魯迅の日本 漱石のイギリス』『絵筆のナショナリズム フジタと大観の〈戦争〉』『パトリ〈祖国〉の方へ 一九七〇年の〈日本発見〉』『〈日本的なもの〉とは何か ジャポニスムからクールジャパンへ』等。

上記内容は本書刊行時のものです。