版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
どうする? どうなる? これからの「国語」教育 紅野謙介(著/文 | 編集) - 幻戯書房
..
詳細画像 0

どうする? どうなる? これからの「国語」教育 大学入学共通テストと新学習指導要領をめぐる12の提言

発行:幻戯書房
四六判
256ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784864881739
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年7月
書店発売日
登録日
2019年6月19日
最終更新日
2019年7月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-12-22 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 伊藤氏貴(文芸評論家)
2019-10-13 東京新聞/中日新聞  朝刊
2019-08-24 日本経済新聞  朝刊

紹介

「戦後最大の改革」は、このままでは必ず失敗する。
この国のあらゆる教育と文化の要となる「国語」に今、何が起ころうとしているのか。
「論理国語」と「文学国語」とは?
「センター試験」(2020年廃止)後の「新共通テスト」(2021年開始)とは?
大きな議論を巻き起こした紅野謙介『国語教育の危機』から一年……高校・大学・予備校の現役教師12名が問題点と具体策を総合的に論じる。
これからの国語・日本語にたずさわるすべての人のための一冊、緊急刊行!
(「国語改革」問題・関連年表付き)

目次

はじめに

1 現状を分析する
 いま「国語」の教育で何が起きているのか(紅野謙介・日本大学)
「新しい国語科」は何が問題なのか?――新学習指導要領のイデオロギー(五味渕典嗣・早稲田大学教育・総合科学学術院)
「高ため」のプリンシプルから――「非文学」に抗して(清水良典・愛知淑徳大学)
[コラム]学校を取り巻く環境の変化

2 新共通テストにおける「国語」をどう見るか
大学入学共通テストにおける「国語」をどう見るか――記述式問題を中心に(駒形一路・静岡県立掛川西高校)
「大学入学共通テスト」現代文の可能性と懸念(小池陽慈・河合塾)
「PISA型読解力」に結びつく国語教育・文学研究――高等学校新学習指導要領の問題点と新しい「読解力」の構築に向けて(大橋崇行・東海学園大学)

3 思考力・判断力・表現力を身につける
「論理的な文章」って何だろう?――「社会で使える言葉」を再考する(阿部公彦・東京大学)
国語の授業で「論理」を学ぶ(仲島ひとみ・ICU付属高校)
「判断力」の危機──学習者の意思決定におけるヒューリスティクス(跡上史郎・熊本大学)
[コラム]学習指導要領の拘束力はどこまでか

4 ことばの教育を作り出す
「国語」の授業とは何か(古田尚行・広島大学附属福山中高)
ことばの教育をめぐって――事実・現実を学ぶことと結びついたことばの教育を(小嶋毅・神奈川県立横浜修悠館高校)
国語教育と日本語教育(川口隆行・広島大学)

関連年表
あとがき

著者プロフィール

紅野謙介  (コウノケンスケ)  (著/文 | 編集

1956年、東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程中退。麻布高等学校教諭を経て、現在、日本大学文理学部教授・学部長。専攻は日本近代文学。著書に『国語教育の危機』(ちくま新書)、『検閲と文学』(河出ブックス)、『物語岩波百年史1 「教養」の誕生』(岩波書店)他。筑摩書房高等学校用国語教科書編集委員。

上記内容は本書刊行時のものです。