版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
国語の授業273号 児童言語研究会(編) - 子どもの未来社
.

国語の授業273号

A5判
縦210mm 横147mm 厚さ6mm
重さ 162g
112ページ
並製
価格 1,400円+税
ISBN
978-4-86412-273-3
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年10月10日
書店発売日
登録日
2020年10月20日
最終更新日
2020年10月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

楽しく力のつく授業の創造
国語の授業の進め方に困っていませんか? 教材の何を教えたらいいか悩んでいませんか?
確かなことばの力をつけたいと願う先生方に、おすすめします!
内容:各学年の物語や説明文教材の実践と教材研究、漢字や文法、作文の指導法や実践例、作家の特集、「一読総合法」のわかりやすい具体的な入門講座、教育研究者の論文や研究の紹介 など

目次

【特集─今、文学を読む】
作品世界を生き、等身大の人物の生き方を考え、話し合う読みを●山岡寛樹
山岡氏論文に学ぶ●佐藤千恵子/山岡提案を読んで、文学を読むことについて考える●丹野洋次郎
文学の授業実践『ごんぎつね』(新美南吉/東京書籍4年下)●荻野浩毅
荻野氏の文学『ごんぎつね』授業実践を検討する●大場博章
【特集─コロナ禍の中の学校(国語の授業)】
コロナ禍の学校●鈴木康子/小さな島の学校の臨時休業●坂田輝人/コロナ禍の学校●江川和宏
コロナ禍での学校生活で 科学的根拠に基づいた対策を●宮田裕美
コロナに気をつけながらも、普通の楽しい学校に●矢田一仁
言葉を大切に、みんなで考え合う授業●嶋津とき/コロナ禍での(?)授業の工夫●道家 桂
【実践の広場】
「トンネル式読解」に学ぶ(2)『方丈記』「大地震」の出口の予測●九野里信夫
場面に基づき、人柄や気持ちを読み取る授業●小宮恵里香
【新教材を一読総合法で!】
『まいごのかぎ』・(斉藤倫/光村3年上)●小山信行
【研究の窓】
大木先生~埼玉での業績を中心に~●杉山 豊
【論文】
学び・学校 コロナの中で見えてきたもの●井本宗近

著者プロフィール

児童言語研究会  (ジドウゲンゴケンキュウカイ)  (

子どもたちの国語力、ことばで考える力を育てるために「一読総合法」という自力読みと集団での話し合い活動を基盤とした授業を提唱し実践する活動に取り組む。また、ことばによる認識力を高めるために、作文、文法、漢字や語彙指導など国語教育全般について研究している。国語教育に関心があればだれでも参加できる。

上記内容は本書刊行時のものです。