版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ももたろうからのてがみ はらが いずみ(作) - 子どもの未来社
.

ももたろうからのてがみ

B5判
縦265mm 横190mm 厚さ9mm
重さ 368g
40ページ
上製
価格 1,300円+税
ISBN
978-4-86412-151-4
Cコード
C8793
児童 絵本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫僅少
初版年月日
2019年4月1日
書店発売日
登録日
2019年2月27日
最終更新日
2019年4月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

たがいに助けあい、支えあい、違いを認めあうこと。「久留島武彦記念館」敷地内に建つ桃太をめぐるドラマが、たのしい絵本になりました。桃太郎像を作ろうと考えたのは「日本のアンデルセン」と呼ばれた久留島武彦で、桃太郎像を作ったのは東京日本橋の麒麟像で知られる彫刻家渡辺長男です。全国からの募金で3体の桃太郎像が作られますが、戦時中に2体は供出され、残ったのは1体だけでした。戦後、GHQの指示で壊されそうになり、倉庫に隠されること4年、多くの人に思われ、守られながらようやく眠りから覚めた桃太郎像は、幼稚園、保育園の子どもたち1000人の歓迎をうけながら大分県玖珠町にやってきたのです。

前書きなど

ぼくは大分県玖珠町にたっている、銅像のももたろうです。ぼくが、どんなふうに作られ、いつからここにいるのか、みなさんに伝えたくて手紙を書くことにしました。

著者プロフィール

はらが いずみ  (ハラガ イズミ)  (

1959年北九州小倉生まれ。美術・環境教育講師。北九州インタープリテーション研究代表として地域づくりや環境教育、ESD(持続発展教育)推進を実施。著書に『到津林間学園ものがたり』(北九州インタープリテーション研究会)、『さとやまどうぶつえかきうた』(亡羊社)などがある。

はらが いずみ  (ハラガ イズミ)  (著/文

1959年北九州小倉生まれ。美術・環境教育講師。北九州インタープリテーション研究代表として地域づくりや環境教育、ESD(持続発展教育)推進を実施。著書に『到津林間学園ものがたり』(北九州インタープリテーション研究会)、『さとやまどうぶつえかきうた』(亡羊社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。