版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
団塊哀愁列車 鍋島幹夫(著/文) - 書肆侃侃房
.
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784863855298

団塊哀愁列車

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:書肆侃侃房
四六判
184ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-86385-529-8   COPY
ISBN 13
9784863855298   COPY
ISBN 10h
4-86385-529-X   COPY
ISBN 10
486385529X   COPY
出版者記号
86385   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年7月20日
書店発売日
登録日
2022年7月19日
最終更新日
2022年7月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2016年冬から2017年春にかけて、西日本新聞で連載した随筆、その他のエッセイを収録。

記憶以前、舞台の雀、ぐみの実のなるころ、字が書けない、下手の威力、 夢の壺、佃煮が走る、写楽狂い、泥の繭、裕次郎か小林旭か、首切りの庭、別れ、裸の島、0 番ホーム、キツネが帰る時刻、四十年前の海、 朝日のあたる家、夜が明けたらなど50 篇。ほかに「詩をめぐる断章」「言葉が紡ぎ出す男、女、老い」など。

著者プロフィール

鍋島幹夫  (ナベシマミキオ)  (著/文

1947年、福岡県八女市黒木町生まれ。
大学では、英文学専攻。19世紀の怪奇小説に傾倒。米文学では、フォークナーを特に好んだ。神奈川県大和市の教員として7年間を過ごし、地元に戻る。 地元の小学校教員として勤務。小学校長を定年退職し。2007年より梅光学院大学で学生に現代詩や日本語表現について教える。
2011年1月に病を得て闘病するも2011年7月20日に永眠。享年64歳。

上記内容は本書刊行時のものです。