版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
帰りたい庭 鍋島幹夫(著/文) - 書肆侃侃房
.
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784863855281

帰りたい庭

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:書肆侃侃房
四六判
160ページ
上製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-86385-528-1   COPY
ISBN 13
9784863855281   COPY
ISBN 10h
4-86385-528-1   COPY
ISBN 10
4863855281   COPY
出版者記号
86385   COPY
Cコード
C0092  
0:一般 0:単行本 92:日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年7月20日
書店発売日
登録日
2022年7月19日
最終更新日
2022年7月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

H氏賞詩人、鍋島幹夫幻の第四詩集

白い山が動いた
砂の柱が歩いた
動けなかった
夏の日の正午
だれもいない檻の前で

熱い乳を捨てに行く
乳は谷を白く染めた
じっと見ていた
熱い熱い夏の日
水の中を動く犀

著者プロフィール

鍋島幹夫  (ナベシマミキオ)  (著/文

1947年、福岡県八女市黒木町生まれ。
大学では、英文学専攻。19世紀の怪奇小説に傾倒。米文学では、フォークナーを特に好んだ。神奈川県大和市の教員として7年間を過ごし、地元に戻る。 地元の小学校教員として勤務。小学校長を定年退職し。2007年より梅光学院大学で学生に現代詩や日本語表現について教える。
2011年1月に病を得て闘病するも2011年7月20日に永眠。享年64歳。

上記内容は本書刊行時のものです。