版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
まばたきで消えていく 藤宮若菜(著/文) - 書肆侃侃房
.
詳細画像 0

書店員向け情報

書店注文情報

注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784863854680
新鋭短歌シリーズ

まばたきで消えていく

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:書肆侃侃房
四六判
144ページ
並製
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-86385-468-0   COPY
ISBN 13
9784863854680   COPY
ISBN 10h
4-86385-468-4   COPY
ISBN 10
4863854684   COPY
出版者記号
86385   COPY
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年6月10日
書店発売日
登録日
2021年5月17日
最終更新日
2021年6月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

命の際の歌が胸を突く 
残酷すぎるこの世だけれど、人間を知りたいと心から願っている。肝を据えて見つめ直す愛おしい日々。(東直子)

【5首】
寝ころんであなたと話す夢をみた 夏で畳で夕暮れだった
これは異性のための表情(待って)(もう行こうよ)(わたしたちでいたいよ)
生まれ変わったら台風になりたいねってそれからは溶ける氷をみてた
いつまでも少女でいてとコンタクトレンズを踏みつぶすような祈り
煙草入り缶チューハイが倒れてる ふたりはふつうに暮らしましたでした

著者プロフィール

藤宮若菜  (フジミヤワカナ)  (著/文

1995 年生まれ。2012年、福島遥の短歌に出会い本格的に作歌を始める。日本大学藝術学部卒業。

上記内容は本書刊行時のものです。